豆知識

【比べてみた】実は最安値はよくばりwifiだった!クラウドSIM採用のwifiルーター料金プラン比較

非常に新規参入サービスの動きが活発なクラウドSIM採用のレンタルwifiルーターサービス。

特徴
  • 大手UQWiMAXより安い
  • クラウドSIM採用でトリプルキャリア対応
  • どこでも繋がりやすい
  • 海外でも通信可能
  • WiMAX・ポケットWIFIと違い3GB/日・10GB/3日の制限がない
  • 月間パケット通信量無制限

短期間・月間でのパケット通信量が無制限ということは、光回線の代替になる可能性もある。

格安SIMと組み合わせて利用して通信費を節約する人が増えてきている。

日本国内で主要のクラウドSIM採用のレンタルwifiルーターサービスは下記の5社だ。

この界隈では、先行サービスのデメリットを研究して、後発サービス程料金プランだったり保証が充実してくるのが特徴だ。

ここでは、先行サービスのどんなときもwifiを研究して他4社が追いかけてきている様相となっている。

この界隈で見るとむげんwifi(月額3280円)が最安値と言われているが

詳細に計算してみると、よくばりwifiのほうが月額費用において最も安いことが分かった。

辛口レビュー」では堂々の2位になっている。

【辛口レビュー】どんなときもwifi・よくばりwifi・むげんwifi・限界突破wifi・めっちゃwifiを徹底比較! 【2019年11月5日更新】 「UQ WiMAXだぞっ」のCMで一躍有名になったWiMAXやポケットWIFIなどの...

 

2位(同着) よくばりwifi 34点
6214
おすすめ度 ★★★★☆(星4つ)
ここがおすすめ!
  • 最大月額2ヵ月無料
  • (3450円×2か月=6900円分お得!)
  • キャンペーン適応で実質料金が月額3200円と5社中最安値
  • 開始数ヶ月の初期費用が最も安く始めやすい!

よくばりwifi

どんなときもwifi・よくばりwifi・むげんwifi・限界突破wifi・めっちゃwifiの料金比較

それでは競合5社の月額料金を表で比較してみよう。

競合5社の月額料金比較

サービス 月額料金
どんなときもwifi 1か月目~24か月目:3480円
25か月目以降:3980円
よくばりwifi 定額3450円
むげんwifi 定額3280円(キャンペーン中)
限界突破wifi 定額3500円
めっちゃwifi 定額3480円

このようになっている。

どんなときもwifiが25か月目から料金が上がってしまうデメリットを研究し、他4社は25か月目以降も料金を据え置いているのが大きな特徴だ。

月額料金が安い順に並べると

月額料金が安いランキング
  1. むげんwifi 月額3280円
  2. よくばりwifi 月額3450円
  3. どんなときもwifi 月額3480円
  4. めっちゃwifi 月額3480円
  5. 限界突破wifi 月額3500円

となっている。

しかし、この裏には巧妙なからくりが仕組まれている。

競合5社の初期費用の比較

続いて競合5社の初期費用を比較する。

初期費用とは主に

  • 契約事務手数料

のことを指している。

サービス 費用
どんなときもwifi 端末レンタル費用:0円
契約事務手数料:3000円(税抜)
よくばりwifi 端末レンタル費用:0円
契約事務手数料:3800円(税抜)
むげんwifi 端末レンタル費用:0円
契約事務手数料:3000円(税抜)
初期設定費用:3000円(税抜)
限界突破wifi 端末費用:0円※端末はプレゼント
契約事務手数料:0円(キャンペーン中)
めっちゃwifi 端末レンタル費用:0円
契約事務手数料:3000円(税抜)

端末費用については全社無料のためここでは割愛する。

注目すべきは契約事務手数料だ。

先行サービスに倣って契約事務手数料を3000円にしているのはどんなときもwifi・めっちゃwifiだ。

そして、契約事務手数料が3800円と微妙に高くなっているのがよくばりwifiだ。

最後に、契約事務手数料に加えて謎の「初期設定費用」として3000円を計上しているのがむげんwifiだ。

※限界突破wifiはキャンペーン中につき契約事務手数料無料のため割愛。

契約事務手数料

<3000円>

  • どんなときもwifi
  • めっちゃwifi

<3800円>

  • よくばりwifi

<6000円>

  • むげんwifi

契約事務手数料をどんなときもwifiの「3000円」に合わせて、差額を24か月で除して各月の月額料金に加えるという「正規化」作業を行ってみる。

むげんwifiの月額料金を初期費用を考慮して正規化する

<むげんwifi>

  • 月額料金 3280円
  • 初期費用 6000円(どんなときもwifiよりも3000円高い)

どんなときもwifiよりも3000円高い初期費用を24か月で割ってみると

3000円÷24か月=125円アップ/月額

これをむげんwifiの月額料金に足してみると、どんなときもwifiと同様のスタートラインに立てる。

月額3280円+125円=3405円(月額)

どんなときもwifiに合わせて計算すると

むげんwifiの月額料金は正しくは3405円/月額ということになる。

これでも競合5社の料金と比べると最安値だ。

面白いのがここから。

よくばりwifiの月額料金を初期費用を考慮して正規化する

<よくばりwifi>

  • 月額料金 3450円
  • 初期費用 3800円(どんなときもwifiより800円高い)
  • キャンペーン適応で最大2か月分無料(6900円分)

どんなときもwifiよりも800円高い初期費用を24か月で割ってみると

800円÷24か月=33.3円アップ/月額

これをよくばりwifiの月額料金に足してみると、どんなときもwifiと同様のスタートラインに立てる。

月額3450円+33円=3483円(月額)

なんと、どんなときもwifiとほぼ同額になってしまうのだ。

さらにここにキャンペーン分の値引き6900円分は24か月分でいくら割引になるかを加味すると

6900円÷24か月=287円ダウン/月額

この値引き分を正規化した料金に反映させる。

月額3483円-287円=3196円/月額

なんと、月額料金が3200円を切って3196円になってしまうのだ。

よくばりwifiの正規化後の月額料金:3196円

衝撃の結果となった。

よくばりwifi

正規化後の競合5社料金比較

以上を踏まえて、どんなときもwifiと同じ条件での月額料金を発表しよう。

サービス 月額料金(初期費用等修正値)
どんなときもwifi 1か月目~24か月目:3480円
25か月目以降:3980円
よくばりwifi 3196円(キャンペーン未適応で3483円)
むげんwifi 3405円
限界突破wifi 3500円
めっちゃwifi 3480円

このようになる。

実は競合5社共にどんなときもwifiと料金はほとんど変わらないのだ。

しかし、期間限定でよくばりwifiが「2か月分月額料金無料キャンペーン」を実施しているため、現在では月額3196円と最安値となっている。

このキャンペーンの終了時期は未定のため、煽るわけではないが、契約を検討している人はキャンペーンが終わる前に契約した方がよさそうだ。

公式サイトはコチラ↓

よくばりwifi

6214

まとめ【最安値はよくばりwifiだった】

このように、レンタルwifiルーターサービスは、見せかけ上は安く見せて、実際に支払う料金で見ると得になったり損をしたりしている場合がある。

新規参入会社はいかに自分たちのサービスを契約してもらおうかと躍起になっている。

恐らく私同様のことを考えて料金プランを考えているのだろう。

大手携帯3社(ドコモ・au・ソフトバンク)をはじめ、通信業界は

ユーザー目線での分かりやすいサービスを心がけてもらいたいものだ。

よくばりwifi

6214

 

姉妹サイト紹介
格安SIMの選び方をやさしく解説
>シムチョイスナビ(クリック)
レンタルwifiルーターの選び方を解説
>レンタルワイファイナビ(クリック)
レンタルwifiルーターの選び方を解説
>レンタルワイファイナビ縛りなし(クリック)
光回線のおすすめ乗り換え先を解説
>光コラボ比較ナビ(クリック)