レンタルワイファイ

【辛口レビュー】どんなときもwifi・よくばりwifi・むげんwifi・限界突破wifi・めっちゃwifiを徹底比較!

【2019年11月5日更新】

「UQ WiMAXだぞっ」のCMで一躍有名になったWiMAXやポケットWIFIなどのレンタルwifiルーターサービス。

最近になってクラウドSIM採用のレンタルwifiルーターサービスが非常に活発になってきた。

開始早々のサービスのためまだまだ口コミ評判は少ないが、今後台頭してくるサービスだろう。

これらのレンタルwifiルーターは

  • 大手UQ WiMAXより安い
  • 通信エリアが広く繋がりやすい
  • 通信障害に強く速度が遅いことが少ない
  • 地下鉄でも通信可能
  • 海外でも通信可能
  • ポケットWIFIのように3GB/日の制限がない
  • WiMAXのように10GB/3日の制限がない
  • 月間パケット通信量無制限

という特徴がある。

日本国内で利用可能なクラウドSIM採用の安いレンタルwifiルーターサービスは下記の5つだ。

もっとも参入が速くCM等で知名度を上げてきたどんなときもWiFiに続く形でどんどん新しいサービスがリリースされている。

本記事では

比較項目
  1. キャンペーン
  2. サポート体制(通信事業社の運営)
  3. 速度制限
  4. 通信回線
  5. 海外利用
  6. 料金
  7. 手数料
  8. 違約金・更新の有無
  9. 端末保証
  10. 端末情報

の計10項目で

最も優れているサービスを5点、そうでない順に4点~1点に点数化してレビューし

ランキング形式で解説していく。

※なお、判断基準は筆者であるためこの限りではないことをご了承ください。

どんなときもwifi・よくばりwifi・むげんwifi・限界突破wifi・めっちゃwifiの総合評価

それでは早速上記10項目を検討比較した結果から発表する。

1位 めっちゃwifi 41点
おすすめ度 ★★★★★(星5つ)
ここがおすすめ!
  • 会社歴が最も長く企業として信頼が厚い
  • 海外利用をするなら一番安い!
  • 解約違約金が2年間通して9800円!
  • 自動更新なしで2年以降縛り期間なし!
  • 機器破損時の実費負担が5000円と安い!
  • オプション契約がなく分かりやすい!

めっちゃwifi 

2位(同着) どんなときもwifi 34点
おすすめ度 ★★★★☆(星4つ)
ここがおすすめ!
  • サポート体制が最もしっかりしている!
  • 先行サービスのため安心感がある!
  • 月途中の契約でも日割り計算あり

どんなときもWiFi

2位(同着) よくばりwifi 34点
6214
おすすめ度 ★★★★☆(星4つ)
ここがおすすめ!
  • 最大月額2ヵ月無料
  • (3450円×2か月=6900円分お得!)
  • キャンペーン適応で実質料金が月額3200円と5社中最安値
  • 開始数ヶ月の初期費用が最も安く始めやすい!

よくばりwifi

 

3位 むげんwifi 30点
おすすめ度 ★★★☆☆(星3つ)
ここがおすすめ!
  • 月額料金3280円と最も安い!
  • 海外利用可能国が134か国と最多!

MUGEN WiFi公式サイト 

4位 限界突破wifi 29点
おすすめ度 ★★☆☆☆(星2つ)
ここがおすすめ!
  • 端末本体が無料(プレゼント)
  • 事務手数料無料ではじめやすい

限界突破wifi

【レビュー】どんなときもwifi・よくばりwifi・むげんwifi・限界突破wifi・めっちゃwifiを徹底比較!

これらのサービスに言えることは大手UQ WiMAXやポケットWIFIよりも月額料金が安く、通信制限がないということだ。

クラウドSIMの強いを活かして「遅い」「地下鉄で繋がらない」等のデメリットも解決できる。

実際にそういった口コミ評判も少ない。

もはや似たり寄ったりのサービスであるが、後出しじゃんけんの要領で、後発サービスほど先発のサービスを研究して料金プランや保証、サービスを考えてきている印象がある。

恐らくは主軸にどんなときもWiFiを据えて考えてきていることだろう。

(以前は最強のレンタルwifiルーターサービス!なんて言っていたが競合が多くなってきて文言を加筆修正した経緯もある)

それでは順に比較レビューし点数をランキング化していこう。

キャンペーンで最もお得なのは

サービス キャンペーン
どんなときもwifi クレジットカード支払いで月額3,480円(税抜)
※通常月額より930円割引
口座振替で月額3,980円(税抜)
※通常月額より430円割引
よくばりwifi 最大月額2ヵ月無料(3450円×2か月=6900円分お得)
むげんwifi キャンペーン価格で月額3280円(終了時期未定)
30日間全額返金保証
限界突破wifi 本体無料(プレゼント)・事務手数料無料
めっちゃwifi 現状はなし

現在、キャンペーンらしいキャンペーンを打っているのは

の2社だ。

よくばりwifiは2か月分の月額利用料を無料としている。

金額で言うと6900円分お得になる。

限界突破wifi本体端末(「jetfon P6」のOEM)を無料プレゼント、事務手数料3000円が無料となっている。

キャンペーンとして最もお得なのはよくばりwifiといえるだろう。

よくばりwifi

また、キャンペーンではないが、むげんwifiのみ「30日間全額返金保証制度」を採用している。

条件は下記のとおりだ。

  1. フォームからの申込日から30日以内に「安心全額返金保証希望」の旨と「解約理由」「追跡番号」をお問い合わせフォームより連絡すること。
  2. 返品の「発送日時」が30日以内であること。
  3. Mugen WiFiのご利用が初めてであること。

しかし、

  • 契約事務手数料は返金対象外
  • 箱の破損・説明書の欠品等は追加費用20000円
  • 返却処理手数料1080円
  • 送料は送り主負担

となるため、3280円返金となっても

  • 初期費用3000円
  • 返却事務手数料1080円
  • 送料600円程度
  • 合計4680円程度

は自己負担となるため解約違約金がかからずに解約できるくらいの認識で良いだろう。

<キャンペーンのお得度>

  • よくばりwifi 5点
  • 限界突破wifi 4点
  • 他 1点

よくばりwifi

限界突破wifi

サポート体制の質(通信事業社の運営)

まずは運営会社の会社歴についてレビューしていこう。

商品名/会社名 設立 会社歴
めっちゃwifi
スマートモバイルコミュニケーションズ株式会社
平成19年2月13日 12年
どんなときもwifi
株式会社グッド・ラック
平成22年3月17日 9年
よくばりwifi
株式会社クイック
平成29年6月1日 3年
限界突破wifi
エックスモバイル株式会社
平成25年10月10日 6年
mugen wifi
株式会社surfave
平成30年6月1日 1年

サポートの質は会社の運用歴といっても過言ではない。

この業界はまだまだ新しく、浮き沈みも激しいため撤退する事業者も多い。

会社歴はサービスの質が担保できている会社でこそ長くなると考えてよいだろう。

この中で最も会社歴が長いのはめっちゃwifiを運営しているスマモバだ。

スマモバはレンタルwifiルーター案件より前にMVNO事業者として有名となっているため、サポートノウハウには信頼がおける。

めっちゃwifi

次いでどんなときもWiFiを運営する株式会社グット・ラックだ。

どんなときもWiFiだけでなく、ネクストモバイル等のレンタルwifiルーターサービスも同時に行っている。

2019年8月31日~9月3日まで起きたクラウドSIM採用サービスの通信障害に対しても、しっかりとした電話でのサポートや、通信不能期間の料金の補填等、実際に行き届いたサービス対応をしていた。

どんなときもWiFiの通信障害とサポート体制まとめ。パケット通信量無制限のクラウドSIMの弱点。 昨今ではどんなときもWIFIに続く形で3日/10GB等の短期間制限がなく、月間でのパケット通信量無制限のレンタルwifiルーター...

どんなときもWiFi

限界突破wifiに関しては、X-mobile(エックスモバイル株式会社)というMVNOが始めたサービスである。

解約違約金等の重要事項の場所が少々分かりにくいのでリンクを貼っておく。

https://xmobile.ne.jp/wp-content/uploads/2019/10/genkaiWi-Fi2019_10.pdf

よくばりwifiMUGEN WiFiについては新規参入サービスのため未知数だ。

よって、点数としては実際のサポート体制がしっかりしていたどんなときもwifiに5点、会社歴の長いめっちゃwifiを4点、新規参入サービスとあまり親切ではない3社を1点とした。

<サポート体制>

  • どんなときもwifi 5点
  • めっちゃwifi 4点
  • 他3社 1点

速度制限やパケット通信量に制限があるか

続いて各社の通信制限についてレビューしていこう。

サービス 通信制限
どんなときもwifi 無制限
※ネットワークを継続的かつ著しく大量に占有する通信をされた場合、速度や通信量を制限することがあります。
よくばりwifi 無制限
※ネットワークを継続的かつ著しく大量に占有する通信をされた場合、速度や通信量を制限することがあります。
むげんwifi 無制限
※ネットワークを継続的かつ著しく大量に占有する通信をされた場合、速度や通信量を制限することがあります。
限界突破wifi 無制限
※他のお客様に影響が出る大容量通信をされた場合、違法ダウンロード、不正利用等の疑いがある場合、該当のお客様に対し通信速度を制限する場合があります。
めっちゃwifi 無制限
※ネットワークを継続的かつ著しく大量に占有する通信をされた場合、速度や通信量を制限することがあります。

5社共に

  • 【月間パケット通信無制限】
  • 【短期間でのパケット通信制限】

となっている。

WiMAXやポケットWIFIは短期間での制限があるものが多いが、ここがクラウドSIM採用のレンタルwifiルーターの大きな違いだ。

速度制限がかかる場合の条件としては限界突破wifi以外は、ネットワークを継続的に大量占有する場合に制限がかかる場合があるとされているが

限界突破wifiはそれに加えて、違法ダウンロード・不正利用の文言が付け足される形となっている。

これに関しては速度制限に関して言えば5社共に同様の条件のため、全社5点とした。

<速度制限の有無やその質>

  • 全社 5点

使用する通信回線の種類(大手3キャリアドコモ・au・ソフトバンク回線)

使用する通信回線についてレビューする。

サービス 使用可能回線
どんなときもwifi トリプルキャリア対応(ドコモ・au・ソフトバンク)
よくばりwifi ソフトバンク回線のみ
むげんwifi トリプルキャリア対応(ドコモ・au・ソフトバンク)
限界突破wifi トリプルキャリア対応(ドコモ・au・ソフトバンク)
めっちゃwifi トリプルキャリア対応(ドコモ・au・ソフトバンク)

クラウドSIM採用のレンタルwifiルーターサービスのメリット

  • 現在使用している場所に見合った最も接続しやすい電波を使って通信が可能

ということだ。

仮にドコモ回線で通信障害が発生しても、au回線、ソフトバンク回線を選んで通信可能なため、通信障害に強いというメリットがある。

WiMAXでは「地下鉄で繋がらない」「遅い」といった口コミが目立つが、au回線の2.5GHz帯という遮蔽物に弱い電波を使用しているのが原因と言われている。

ポケットWIFIでそういった口コミ評判が少ないのは、遮蔽物に比較的強い900MHz帯を使用しているためだろう。

どんなときもwifi等、5社のモバイルルーターを実際に使用してみたが、ほとんどの場所でソフトバンク回線が選択されることが多い印象だ。

よくばりwifiのみ、それを見越してかどうかは不明だが「ソフトバンク回線のみ」となっている。

よくばりwifiも仕組みとしてはクラウドSIMを使っており、端末もグローカルネット製のU2sを使用しているためトリプルキャリア対応は可能なはずだが…

よくばりwifi以外はトリプルキャリア対応のため5点、よくばりwifiは不明のため1点とする。

<通信回線の使用状況(トリプルキャリア対応しているか)>

  • よくばりwifi以外 5点
  • よくばりwifi 1点

海外利用

続いでは海外利用についてレビューする。

サービス 対応国/料金
どんなときもwifi 107か国対応
渡航国A:1280円/日
渡航国B:1880円/日
通信上限:1GB/日
よくばりwifi 113か国対応
エリアA:1250円/日
エリアB:1850円/日
通信上限:1GB/日
むげんwifi 134か国対応
Area1:1200円/日
Area2:1600円/日
通信上限:1GB/日
限界突破wifi 107か国対応
300MB/日 380円~980円
1GB/7日 980円~4980円
3GB/30日 1880円~9980円
※要手続き
めっちゃwifi 100か国以上対応
東南アジア以外:1250円/日
東南アジア17か国:850円/日
通信上限:1GB/日※

クラウドSIM採用の恩恵で、どの国でも面倒な手続きなく海外利用ができるのは非常に便利である。

※限界突破wifiのみ別途手続きが必要な可能性あり

通信可能な国と地域は100か国以上となっており、主要な日本人が行きそうな国はすべて網羅されているため、この辺りでの比較はあまり意味がない。

着目すべきは料金形態だ。

海外で使うのであればめっちゃwifiが最も安価だ。

めっちゃwifi

しかも東南アジア17か国では1日850円で利用できる。

通信上限は1GBで超過後は384kbpsの速度制限がかかるのはどれも共通している。

通信速度としては遅いが、ツイッター等を見るのであれば大きな問題はない。

LINEでのやり取りもできる。動画はちょっと難しい。

料金のランキングとしては次いで、むげんwifiよくばりwifiどんなときもWiFiとなっている。

限界突破wifiは行く地域によっては料金が高額になる可能性があるので注意が必要だ。

<海外利用の場合の料金形態>

  • めっちゃwifi 5点
  • むげんwifi 4点
  • よくばりwifi 3点
  • どんなときもwifi 2点
  • 限界突破wifi 1点

月額の料金プランが最も安いのは

気になる月額料金ランキングをレビューしよう。

「一番安いのはどこ?」

サービス 月額料金
どんなときもwifi 1か月目~24か月目:3480円
25か月目以降:3980円
※月途中の契約の場合、日割り計算あり
よくばりwifi 定額3450円
むげんwifi 定額3280円(キャンペーン中)
限界突破wifi 定額3500円
めっちゃwifi 定額3480円

料金で見ると、やはり後発のむげんwifiが月額3280円と一番安い。

次いでよくばりwifi、めっちゃwifi=どんなときもWiFi、限界突破wifiとなっている。

むげんwifiは後述するが、費用が安い代わりに解約違約金が高額となっている。

むげんwifiを利用するのであれば24か月以内に解約しない人がお勧めだ。

めっちゃwifiは後発にもかかわらずどんなときもwifiと同額にそろえてきたのは、解約違約金が9800円と安価で、月額料金以外の部分で差異をつけることが出来ているからだろう。

どんなときもWiFiに関しては、25か月目以降は月額基本料金が500円値上げとなるため、他4社に比べると継続利用のデメリットが大きいため、更新月の解約が望ましいだろう。

どんなときもwifiに関しては、他社にはない「月途中での契約は日割り計算あり」と明記している点は評価できる。

5社の中で唯一口座振替での支払いに対応しているのがどんなときもwifiであるが、口座振替を選択すると月額費用が500円アップ(月額3980円)となるため口座振替はお勧めできない。

ただし、この月額費用設定には裏がある。

どんなときもwifi よくばりwifi むげんwifi 限界突破wifi めっちゃwifi
初期費用 3000円 3800円 6000円 0円 3000円

どんなときもWiFiの初期費用を軸に計算し直すと、3000円より高くなっている分を24か月で割って各月の月額費用に反映する必要がある。

初期費用に着目すると、よくばりwifiが契約手数料3800円とどんなときもWiFi比較で800円高く、むげんwifiに関しては契約手数料に加えて初期設定費用3000円が加わり、どんなときもWiFi比較で3000円高くなっている。

修正値がこちらだ。

サービス 月額料金(初期費用等修正値)
どんなときもwifi 1か月目~24か月目:3480円
25か月目以降:3980円
よくばりwifi 3483円(※実質月額約3200円で最安値
むげんwifi 3405円
限界突破wifi 3500円
めっちゃwifi 3480円

※2か月月額無料キャンペーン適応価格
→キャンペーン価格のため正規料金にはカウントしていない。

よくばりwifiのキャンペーン価格を考慮しなければ、やはりむげんwifiが最安値だ。

よくばりwifi

Mugen WiFi

 以上を踏まえて点数は下記のようにした。

<月額料金が最も安いランキング>

  • むげんwifi 5点
  • よくばりwifi 4点
  • めっちゃwifi 3点
  • どんなときもwifi 2点
  • 限界突破wifi 1点

端末費用等の契約手数料について

契約手数料関係についてレビューする。

サービス 費用
どんなときもwifi 端末レンタル費用:0円
契約事務手数料:3000円(税抜)
よくばりwifi 端末レンタル費用:0円
契約事務手数料:3800円(税抜)
むげんwifi 端末レンタル費用:0円※24か月以降の解約は端末プレゼント
契約事務手数料:3000円(税抜)
初期設定費用:3000円(税抜)
限界突破wifi 端末費用:0円※端末はプレゼント
契約事務手数料:0円(キャンペーン中)
めっちゃwifi 端末レンタル費用:0円
契約事務手数料:3000円(税抜)

限界突破wifiは端末は貸与(レンタル)ではなく、無料でプレゼントという形をとっている。

また、契約事務手数料はキャンペーン中につき無料となっている。

むげんwifiも24か月以降は端末返却の必要がない。

他は端末レンタル費用無料、事務手数料3000円であるが、よくばりwifiのみ事務手数料が3800円とやや高額となっている。

よくよく考えてみると、契約手数料がどんなときもWiFiと比べて800円高いのは

800円÷24ヶ月=33円 となり

ひと月あたり33円を月額費用に加算すると3483円とどんなときもWiFiとほぼ同じ値段になる。

ただし、よくばりwifiのみ契約後2か月無料キャンペーン(6900円相当の値引き)をしているため、一概に高いとは言い切れない。

実際によくばりwifiのキャンペーン価格(6900円分無料÷24か月=283円/月の減額)となるため、参考価格ではあるがよくばりwifiは月額3200円(最安値)で利用できる計算となる。

よくばりwifi

【比べてみた】実は最安値はよくばりwifiだった!クラウドSIM採用のwifiルーター料金プラン比較 非常に新規参入サービスの動きが活発なクラウドSIM採用のレンタルwifiルーターサービス。 短期間・月間でのパケッ...

また注目したいのがむげんwifiの契約時初期費用が6000円と高額になっている点だ。

確かに月額3280円というのは驚きだがこんなところにからくりがあったわけだ。

実際には

3000円÷24ヶ月=125円 となり

どんなときもWiFi基準でいえば、むげんwifiの月額費用は3405円ということになる。

Mugen WiFi

よって点数としては

<契約手数料ランキング>

  • 限界突破wifi 5点
  • どんなときもwifi 3点
  • めっちゃwifi 3点
  • よくばりwifi 2点
  • むげんwifi 1点

とした。

違約金・自動更新の有無と更新月について

解約違約金についてレビューする。

サービス 解約違約金
どんなときもwifi 0〜12ヶ月:19,000円
13〜24ヶ月:14,000円
25ヶ月目:0円
26ヶ月〜:9,500円
よくばりwifi 0~12ヶ月目:18,000
13~24ヶ月目:12000円
25か月目:0円
26ヶ月目以降:9500円
むげんwifi 初月〜12ヶ月:30,000円
13〜24ヶ月:25,000円
25ヶ月:0円
26〜49ヶ月:9,500円
限界突破wifi 0~24ヶ月:解約金18,000円)
更新月:①3ヶ月間(解約金無料)
以降の契約期間:②12ヶ月(解約金5,000円)
①②の繰り返し
めっちゃwifi 初月〜24ヶ月:9,800円
25ヶ月目以降:0円(自動更新なし)

続いて違約金だ。

全社共に2年間の契約を契約内容に盛り込んでいる(2年縛り)。

また、めっちゃwifiを除く4社が自動更新制を採用している。

めっちゃwifiは自動更新制を採用しておらず、24か月目以降は解約違約金無料となる。

最も解約違約金が安いのはめっちゃwifiである。

めっちゃwifi

自動更新がないため、契約後24か月以降は解約違約金は無料となる。しかも契約期間内の解約違約金が9800円と非常に安価だ。

急な出費で契約を継続できなくなった場合でも損失が最小限で済む。

もっとも高かったのはむげんwifiだ。契約後12か月までの解約金が3万円と最も高額になっている。ここは月額基本料金を3280円に下げている反動もあると考えてよいだろう。

また、他社とは違い24か月以降の解約では端末プレゼントとする奇妙な仕組みになっている。

限界突破wifiは更新期間が長くとっている分、24か月間同一の解約違約金となっている。

更新月が3か月間あるのはユーザーとしてはうれしい。

他はほぼ同額だ。

<更新期間と解約違約金>

  • めっちゃwifi 5点
  • よくばりwifi 4点 
  • どんなときもwifi 3点
  • 限界突破wifi 2点 
  • むげんwifi 1点

 

端末保証

端末保証についてレビューする。

サービス キャンペーン 加入タイミング 機器損害金 未加入時破損
どんなときもwifi 400円(税抜)/月 契約時のみ 加入時0円 18000円
よくばりwifi 380円(税抜)/月 契約時のみ 加入時0円 18000円
むげんwifi 500円(税抜)/月 契約時のみ 加入時0円 20000円
限界突破wifi 500円(税抜)/月 契約時のみ 加入時0円 18000円
めっちゃwifi なし なし 5000円 5000円

端末保証に関しては、各社に任意での加入となっている。

めっちゃwifiに関しては、端末保証自体がないが、機器損害金は5000円と安価になっている。※他各社は未加入時18000円(税抜)

保証加入時の主な補償対象としては

  • 機器の水濡れ
  • 機器の破損
  • 機器の全損

となっており、機器の盗難紛失は対象外となっている。

また、むげんwifiと限界突破wifiは1度保証を受けたのち、12か月以内に再度保証を受ける場合は2万円の実費がかかるため、実際の保証は1回のみと考えてよいだろう。

24か月計算で保証料金を払っていた場合、よくばりwifi(380円/月)であれば9120円、むげんwifi(500円/月)であれば12000円の支払いになる。

そう考えるとめっちゃwifiの保証なしで破損時5000円というのは魅力的な設定だ。

シンプルで分かりやすい。

めっちゃwifi

<端末保証について>

  • めっちゃwifi 5点
  • よくばりwifi 4点
  • どんなときもwifi 3点
  • むげんwifi 2点
  • 限界突破wifi 1点

使用する端末情報について

使用する端末についてレビューする。

サービス 端末
どんなときもwifi グローカルネット製 D1(U2sと同等)
よくばりwifi グローカルネット製 U2s
むげんwifi グローカルネット製 U2s
限界突破wifi 「jetfon P6」のOEM
めっちゃwifi グローカルネット製 U2s

端末に関しては限界突破wifi以外はすべてグローカルネット製のU2sを使用している。

<U2s仕様>

重量 151g
端末サイズ 127×65.7×14.2mm
連続通信時間 約12時間
下り最大 150.0Mbps
上り最大 50.0Mbps
付属品
※本製品には充電器が付属されておりません。(下記ACアダプタを参照)
MicroUSBケーブル(充電用)
ACアダプタ 2.0A以上の高出力のACアダプタを推奨。
お客様側でご用意いただくか、申込みフォームにて専用充電器の販売もあります。
同時接続台数 最大5台まで
実売価格 18,000円程度

4社共通して、端末は貸与品になるため、発送時に送られてくる段ボール、本体が入っている化粧箱、付属品の保管は必須だ。

筆者はマイクロUSBケーブルは無くしそうなので別で購入したものを使用しており、付属品は使わずにしまっている。

アダプタはスマートフォンのものを流用しているが問題ない。

同時接続数は5台までだが、不便に感じることはないだろう。

注意事項があるとすればWPS機能が使えないという点だ。

ネットワークカメラ等、WPSのみでの接続になっている機種は使えない可能性がある。

問題は限界突破wifiが使用している「jetfon P6」のOEM機種だ。

これは本来はSIMフリースマホである。

<jetfon P6仕様>

重量 162g
サイズ 152.9×74.2×8.5mm
液晶サイズ 5.7型
連続使用可能時間 15時間
最大通信速度 下り150Mbps/上り50Mbps
バッテリー容量 3,400mAh
同時接続台数 8台(2019年10月時点は5台)
実売価格 17,000円程度

この機種はU2sに比べると5.7型液晶がついていたりバッテリーの持ちが良いなどと何かと便利そうだ。

筆者としては、翻訳機能も地図アプリもスマートフォンがあればできてしまうため、wifiルーター側はシンプルな方が好みだ。

そういった点ではU2sは電源ボタンしかないシンプルな作りでいいのかもしれない。

よって

<端末について>

  • 4社 5点
  • 限界突破wifi 4点

競合5社比較総評

以上、各社10項目について比較レビューしてきた。

これらを踏まえて点数化した結果をランキング形式で発表する。

項目 どんなときもwifi よくばりwifi むげんwifi 限界突破wifi めっちゃwifi
キャンペーン 1 5 1 4 1
サポート体制 5 1 1 1 4
速度制限 5 5 5 5 5
通信回線 5 1 5 5 5
海外利用 2 3 4 1 5
料金 2 4 5 1 3
手数料 3 2 1 5 3
違約金・更新の有無 3 4 1 2 5
 端末保証 3 4 2 1 5
端末情報 5 5 5 4 5
合計点数 34 34 30 29 41
1位 めっちゃwifi 41点
おすすめ度 ★★★★★(星5つ)
ここがおすすめ!
  • 会社歴が最も長く企業として信頼が厚い
  • 海外利用をするなら一番安い!
  • 解約違約金が2年間通して9800円!
  • 自動更新なしで2年以降縛り期間なし!
  • 機器破損時の実費負担が5000円と安い!
  • オプション契約がなく分かりやすい!

堂々の1位はめっちゃwifiとなった。

一番後発サービスだけに非常にライバル4社を研究してきている。

特にネックだった解約違約金の高さと端末オプションの煩雑さを解決している点は素晴らしい。

月額費用が5社の中で高いことを差し置いても契約するメリットは大きいだろう。

また、スマモバが運営しているという点でサポート体制も安心感がある。

めっちゃwifi

スマモバのめっちゃwifi(ワイファイ)がどんなときもwifiよりも安い!?評価と口コミレビュー! UQ WiMAXのCMで一挙に有名になったWiMAXやポケットWIFI。 これらのデメリットは短期間での通信制限があること...

 

2位 どんなときもwifi 34点
おすすめ度 ★★★★☆(星4つ)
ここがおすすめ!
  • サポート体制が最もしっかりしている!
  • 先行サービスのため安心感がある!
  • 月途中の契約でも日割り計算あり

第2位は老舗どんなときもWiFiとなった。

料金面では高額となっているが、最も先発のサービスとなっているだけに不具合があったときのサポート体制が非常にしっかりしている。

特に8月末にあった不具合時には返金対応までしているところを見ると非常に好感が持てる。

どんなときもWiFiの通信障害とサポート体制まとめ。パケット通信量無制限のクラウドSIMの弱点。 昨今ではどんなときもWIFIに続く形で3日/10GB等の短期間制限がなく、月間でのパケット通信量無制限のレンタルwifiルーター...

また、老舗らしく「月途中の契約は日割り計算あり」と明記されている点もうれしい。

他社にはない文言だ。

安心感で選ぶのであればどんなときもwifiだ。

ただし、24か月目以降は料金が上がるため、更新月での解約をおすすめする。

どんなときもWiFi

【レビュー】どんなときもwifiの口コミと評判!よくばりwifi・むげんwifiなど競合サービスとの比較 クラウドSIM採用のレンタルwifiルーターサービスの走りとしてデビューしたどんなときもwifi。 2019年も終わりに近づい...
2位 よくばりwifi 34点
6214
おすすめ度 ★★★☆☆(星3つ)
ここがおすすめ!
  • 最大月額2ヵ月無料
  • (3450円×2か月=6900円分お得!)
  • キャンペーンを考慮すると月額3200円となり最安値
  • 開始数ヶ月の初期費用が最も安く始めやすい!

同着2位はよくばりwifiだ。

一番のメリットは開始2か月分が無料となる点だ。

これは他社にはない強みである。

キャンペーン分の割引額を考慮・どんなときもwifiと初期費用を合わせて計算すると月額3200円となり、実は業界最安値なのはよくばりwifiだ。

デメリットとして挙げたクラウドSIM採用にもかかわらずソフトバンク回線しか使用できない点については、実際にトリプルキャリア対応の4社でも現実問題ソフトバンク回線しかつながらないところを考えてもそれほど悪くはないはずだ。

点数こそ辛口になったが、お勧めできるレンタルwifiルーターだといえる。

よくばりwifi

よくばりwifi(ワイファイ)の口コミと評価!競合他社どんなときもwifi・むげんwifi・限界突破wifi等と比較してのメリットは? よくばりwifi UQ WiMAXのCMで一挙に有名になったWiMAXやポケットWIFI。 これらのデメリットは短期...
【比べてみた】実は最安値はよくばりwifiだった!クラウドSIM採用のwifiルーター料金プラン比較 非常に新規参入サービスの動きが活発なクラウドSIM採用のレンタルwifiルーターサービス。 短期間・月間でのパケッ...
3位 むげんwifi 30点
おすすめ度 ★★★☆☆(星3つ)
ここがおすすめ!
  • 月額料金3280円と最も安い!
  • 海外利用可能国が134か国と最多!

第3位はむげんwifi(MUGENワイファイ)だ。

一番のメリットは月額費用が5社の中で最も安価という点だ。

初期費用を踏まえてどんなときもWiFiベースで月額費用を正規化しても3405円とよくばりwifiについで安い結果となった。

残念ながら30日間返金保証については結局のところ返金以上に金額が高くなってしまうため、解約違約金なしで解約できるくらいに思っておいた方がいい。

解約違約金が高い点については、24か月以内の解約を考えないのであれば問題ないだろう。

一点心配だったのは、会社歴が浅いという点だ。

これについては今後の口コミ評判を参考にしていきたい。 

MUGEN WiFi公式サイト

Mugen Wifi(無限むげんワイファイ)の口コミと評価!どんなときもwifi・よくばりwifi・限界突破wifi等競合他社との比較 MUGEN WiFi公式サイト 「UQ WiMAXだぞっ」のCMで再び注目されてきているWiMAXやポケットWIFIです。...

 

4位 限界突破wifi 29点
おすすめ度 ★★☆☆☆(星2つ)
ここがおすすめ!
  • 端末本体が無料(プレゼント)
  • 事務手数料無料ではじめやすい

4位となったのは限界突破wifiだ。

やはり月額費用の高さと海外利用時の料金設定、端末がスマホベースのため画面割れのリスクがあることが減点となった。

また、解約違約金等の重要事項についても今後は公式ホームページのトップに掲載されることを願いたい。

まとめ

以上、クラウドSIM採用のレンタルwifiルーターサービスについて比較してきた。

24か月縛りの契約をするのであれば、競合サービスはしっかり比較し、自分のニーズに合ったものを契約しよう。

めっちゃwifi

どんなときもWiFi

よくばりwifi

MUGEN WiFi公式サイト

限界突破wifi

 

また、縛り期間がなく、どんなときもwifiとほぼ同等のサービスを考えているのであればスターワイファイがお勧めだ。

初期費用こそ高いが、本当の意味でのパケット通信量無制限のサービスがお試しで体感できる。

「どのレンタルwifiルーターを選べばいいかわからない」という方は筆者のnoteを参考にされたい。

以上、クラウドSIM採用のレンタルwifiルーターサービスの比較でした。

…ちょっと辛口が過ぎたかな。

姉妹サイト紹介
格安SIMの選び方をやさしく解説
>シムチョイスナビ(クリック)
レンタルwifiルーターの選び方を解説
>レンタルワイファイナビ(クリック)
レンタルwifiルーターの選び方を解説
>レンタルワイファイナビ縛りなし(クリック)
光回線のおすすめ乗り換え先を解説
>光コラボ比較ナビ(クリック)