レンタルワイファイナビ公式LINEアカウントを友達追加して最新のWiFi情報を手に入れよう!

友だち追加

GreenEchoes Studio代表
この記事を書いた人:カワムーラ
新潟市にあるWEBサイト運営事業の代表でWiFiルーター等通信関連の専門家です。月々の通信費節約のコツをユーザー目線で書いています。
\ Follow me /
WiFiに関する豆知識

ポケットWIFI・WiMAX・クラウドSIMの違いとは?

モバイルルーターの契約を検討するときに一番頭を悩ませるのが

「ポケットWIFIとWiMAX、どっちがいいの?」ということです。

さらに最近では次世代通信方式「クラウドSIM=eSIMwifiルーター」というものも登場してきており、ますますどれを選べばよいか分かりにくくなっています。

本記事ではポケットWIFI・WiMAX・クラウドSIMwifiルーターの違いと選ぶ際のポイントについて解説していきます。

おすすめのWiFiルーター
  • MVNO系のソフトバンク回線を使用したwifiルーター(ポケットWiFi)
  • クラウドSIM採用のwifiルーター

WiMAX・ポケットWiFi・クラウドSIMはモバイルWi-Fiルーターの一部の呼称

WiMAX・ポケットWIFI・クラウドSIM…なんだかよくわからない用語がたくさんありますが、これらはすべて「モバイルWIFIルーターの一部」です。

以下、図で説明しましょう。

このようになっています。

要するにポケットWiFiもWiMAXもクラウドSIMも全部ひっくるめて「モバイルWIFIルーター」ということです。

使用している回線によって呼称が変わるという認識で良いでしょう。

※MVNO系とは、自社で回線を持たないが他社(主にドコモ・au・ソフトバンク)の回線を借りて通信事業を行っている事業者の総称です。

使用している回線と周波数(Band)についてはコチラの記事を参照してください。

③LTE=4Gは2種類!FDD-LTEとTD-LTEの違いを知ろう モバイルWi-Fiにおけるデータ通信で、最も使用される頻度が高い回線は「LTE」です。 LTEとはLong Term Ev...

WiMAXとは

ワイマックスとは、UQコミュニケーションズ社の「UQ WiMAX」という高速モバイルデータの通信サービスの名称です。

また、同社もしくは同社以外が提供しているUQ回線を使ったモバイルWi-Fiルーターそのものを指します。

UQコミュニケーションズ株式会社(ユーキューコミュニケーションズ、UQ Communications Inc.)は、東京都港区に本社を置く無線データ通信事業を行うKDDIグループ電気通信事業者である。

引用:Wikipedia

UQコミュニケーションズ社はこのようにau(KDDI)グループの中の子会社の一つで、auのサブブランドという位置づけとなっています。

UQコミュニケーションズで使用できる通信回線

WiMAXはBand41と呼ばれる2.5GHz帯(TD-LTE)の電波網を使用した高速通信サービスです。

このBand41というのはUQモバイルコミュニケーションズ社が所有しているものでau本体のものではありません。

しかしながら、UQコミュニケーションズ社はauの子会社ですので、大きな枠でとらえればBand41はau回線と呼ばれることが多くあります。

また、Band41以外にもオプションとしてau 4G LTE(Band1/18/26)回線を使用して通信することが出来ます。

このUQWiMAXの使用する2.5GHz帯の電波網は遮蔽物に弱く、建物の中で繋がりにくいという特徴があります。

このデメリットを補うために、遮蔽物があっても電波が届きやすいau回線を使用することが出来ます。

WiMAXはUQコミュニケーションズ以外の通信事業者でも販売している

また、UQコミュニケーションズ社以外にもWiMAXサービス全体を販売している通信事業者があります。

これらは自社回線を持たずに回線を借りて通信事業を行っている会社でMVNOと呼ばれています。

WiMAXという名称が多くのMVNOで使用されているのはこのためです。

当然、サポート窓口はUQコミュニケーションズではなく、それらを販売している通信事業者ということになります。

ポケットWIFIとは

ポケットWIFIという言葉は以前は明確に定義されていましたが、現在ではいろいろな意味で使われています。

ちょっと前まではワイモバのサービスの名称だった

ポケットWIFI(Pocket WiFi)は、ワイモバイル(Y!mobile)が提供している高速モバイルデータ通信サービスのことです。

また、ワイモバイルが提供しているモバイルWi-Fiルーターそのもののことを指すこともあります。

ワイモバイルはソフトバンクグループで、ソフトバンクのサブブランドという位置づけとなっています。

そもそもワイモバイルはウィルコムとイーモバイルという会社が統合してできたものなので、独自の回線を持っています。

そのため、ソフトバンクの回線とは明確に違っています。

ですが、広義ではワイモバイルはソフトバンクグループなので、ワイモバイルの回線はソフトバンクの回線だといわれることが多くあります。

最近ではもっと広義になってきている

そういう風潮もあって、最近ではソフトバンク回線(SoftBank4G/SoftBank 4G LTE)を使用して通信するサービス、もしくはそのサービスを利用したモバイルwifiルーターそのものを指すようになってきています。

また、UQWiMAXと同じように、ワイモバイル・ソフトバンクの回線を使ったモバイルWIFIルーターでの高速通信サービスを別の事業者が提供するようになってきました。

これらもワイモバイル・ソフトバンク回線を使用しているため、ポケットWIFIと呼ばれています。

さらには、モバイルWIFIルーター全体の総称で使われていることも増えてきており、何が「ポケットWIFI」かという定義がされているか曖昧になってきています。

クラウドSIM採用wifiルーターとは

クラウドSIM=eSIMとは、SIMカードを通信端末ではなく、クラウドサーバー上で管理することとした次世代型の通信技術のことを指します。

これの仕組みを採用しているのが「クラウドSIM採用WiFiルーター」です。

国内では2019年初頭に株式会社グットラックが「どんなときもWIFI」というサービスをリリースしたのを皮切りに様々な会社がサービス提供を始めています。

端末一つに対して複数のSIMの割り当てが可能

画像引用:クラウドSIM・バーチャルSIMとは – 世界WiFi

そもそもWiFiルーターが無線で通信できるのは、スマートフォンと同じように「SIMカード」と呼ばれる通信チップ(個体識別番号や個人情報、通信事業者情報が入っている)が入っているからです。

この通信チップを使って、契約した通信事業者(ドコモならドコモの電波)のみと通信することが出来ます。

簡単に言えば、ドコモのスマホではソフトバンクの回線が使えないということです。

しかし、クラウドSIMの仕組みでは、SIMカード自体がクラウドサーバー(インターネット上の仮想空間)に存在するため、1台の端末に複数のSIMを割り当てることが出来ます。

こうすることで、その地域で最も繋がりやすい電波を自動的にキャッチして通信することが出来るようになりました。

よって、クラウドSIM対応というと「マルチキャリア対応」「トリプルキャリア対応」などといわれることが多くあります。

クラウドSIMのメリットは海外でもそのまま使えること

このクラウドSIMの仕組みを利用すると、海外でもそのまま通信することが出来ます。

クラウドSIMのクラウドサーバー上にあるのは何も日本国内の通信事業者のSIM情報だけではありません。

世界100か国以上の通信事業者のSIM情報を管理しています。

そのため、アメリカへ行けばアメリカの、イタリアではイタリアの、タイではタイのSIMカードを自動的に選択して通信できるようになります。

現地でわざわざ現地のSIMカードを契約する必要がなくなったのです。

当然、クラウドSIM採用のモバイルWIFIルーターでも、そのまま海外でも使用することが可能です。

ポケットWIFI・WiMAX・クラウドSIMの各項目での違い

ポケットWIFI・WiMAX・クラウドSIMの違いが分かったところで、3つの違いを項目ごとに比較していきましょう。

例に挙げる代表サービスは下記のものとします。

ポケットWiFi(本家)代表
  • ワイモバイルPocket WiFiプラン2
  • YmobileのPocket WiFi「Pocket WiFi 803ZT(ZTE製)」
  • 月額3,696円(月間7GBまで)
  • 月額4,380円(アドバンスオプション加入で月間パケット上限なし)
  • ※3日間で10GB以上の利用で当日18時から翌日1時まで速度制限(上記二つに適応)
  • 最大通信速度―988Mbps(下り)/37.5Mbps(上り)
  • 契約期間:なし
  • ワイモバイル回線(高い周波数1.7GHz-3.5GHz)

 

ポケットWiFi(MVNO)代表
  • ネクストモバイル「使い放題プラン」FS030W(富士ソフト)
  • 月額3,100円(パケット無制限)
  • 短期間の通信による速度制限なし
  • 最大通信速度―150Mbps(下り)/50Mbps(上り)
  • 契約期間:2年間
  • ソフトバンク回線(主に低い周波数800MHz)

 

UQWiMAX(本家)代表
  • UQモバイル「安心プラン」Speed Wi-Fi NEXT W06(Huawei)
  • 月額3,880円~(月間パケット上限なし)
  • ※3日間で10GB以上の利用で翌日18時頃~翌々日2時頃まで速度制限
  • ※オプションのau 4G LTE回線使用(月額1,005円加算)の場合、少しでも使用すると月間7GBの上限が設定される
  • 最大通信速度―1200Mbps(下り)/上り75Mbps
  • 契約期間:2年間
  • UQモバイル/au回線(主に高い周波数2.5GHz)

 

WiMAX(MVNO)代表
  • ブロードワイマックス「ギガ放題プラン」Speed Wi-Fi NEXT W06(Huawei)
  • 月額2,726円(1-2か月目)/3,411円(3-24か月目)/4,011円(25か月目以降)
  • 月間パケット上限なし
  • ※3日間で10GB以上の利用で翌日18時頃~翌々日2時頃まで速度制限
  • 最大通信速度―1200Mbps(下り)/上り75Mbps
  • 契約期間:3年間
  • UQモバイル/au回線(高い周波数2.5GHz)

 

クラウドSIM代表
  • hi-ho GoGo Wifi「通常プラン」GlocalMe U2s(GlocalMe)
  • 月額3,355円(短期間・月間パケット上限なし)
  • 最大通信速度―150Mbps(下り)/50Mbps(上り)
  • 契約期間:2年間
  • 使用回線:ドコモ・au・ソフトバンク回線

データ通信速度

事業者名端末下り速度上り速度CA
ワイモバイルPocket WiFi 803ZT988Mbps37.5Mbps
ネクストモバイルFS030W150Mbps50Mbps×
UQモバイルSpeed Wi-Fi NEXT W061200Mbps75Mbps
BroadWiMAXSpeed Wi-Fi NEXT W061200Mbps75Mbps
hi-hoU2s150Mbps50Mbps×

データ通信速度を左右するのは端末の性能です。

下りの通信速度が速い場合、その端末が以下の機能を備えています。

  • CA(キャリアアグリゲーション):複数の異なる周波数帯を1つに束ねて大量のデータ通信を可能にする技術
  • 4×4 MIMO:送信用(基地局)と受信用(端末)に各4本のアンテナを使い複数のデータを同時に通信する技術
  • 256QAM:情報密度を高めて一度に運べるデータ量を増加させる技術

これらの機能を備えている端末は主に

  • 本家ワイモバイル・ソフトバンクのwifiルーターサービス
  • 本家・MVNO共にUQモバイル回線のwifiルーターサービス

で使用されています。

何倍も違うように見えて「速い方が優れている」と思われがちですが、実際はそうではありません。

上記はすべて理論値であり、実測値は速くても下り100Mbps程度です。

また、高速通信技術じ対応していない端末を使用している

  • ソフトバンク回線を使ったMVNOサービス
  • クラウドSIM

でも実測値は下り30Mbps程度出ています。

4K動画を再生するには実測値で25Mbps程度ですので、体感上は速くてもそれほど変わりはありません。

データ通信量・速度制限

事業者名月間制限短期間制限その他
ワイモバイルなしあり
ネクストモバイルなしなし
UQモバイルなしありau回線を使用すると月間7GB制限
BroadWiMAXなしあり
hi-hoなしなし

どのサービスも月間パケット上限なしとしているところがほとんどですが、短期間での速度制限に関してはばらつきがあります。

本家ワイモバイル系・本家ソフトバンク、すべてのWiMAX系サービスでは1日3GB以上もしくは3日で10GB以上使用すると通信制限がかかります。

一方で、MVNO系ソフトバンク回線wifiルーターとクラウドSIMは短期間でのパケット上限はないので、固定回線同様に本当にパケット無制限です。

回線の繋がりやすさ

事業者名屋内屋外周波数
ワイモバイル×高い
ネクストモバイル幅広い
UQモバイル高い
BroadWiMAX高い
hi-ho幅広い

モバイルwifiルーター端末が受信する電波の数は一つではなく、複数あります。

複数ある電波の中から繋がるものを選んでつないでいます。

繋がりやすさにはある特性があります。

  • 周波数が高い…屋内で繋がりにくい
  • 周波数が低い…屋内で繋がりやすい

実際、周波数が高い電波を使用するモバイルWIFIルーターでは、屋内での通信速度が大変遅くなります。

特にWiMAX回線・ワイモバイル回線を使ったものは非常に繋がりにくいです。

UQモバイル回線を使ったサービスは「ハイスピードエリア+モード」というオプションに加入すると、屋内で繋がりやすい周波数が低いau回線を使用できます。

一方で、ソフトバンク回線は周波数が低いため非常に繋がりやすいです。

クラウドSIMは一番繋がりやすい電波をつかんでくれるため、屋内外でも問題なく繋がります。

③LTE=4Gは2種類!FDD-LTEとTD-LTEの違いを知ろう モバイルWi-Fiにおけるデータ通信で、最も使用される頻度が高い回線は「LTE」です。 LTEとはLong Term Ev...
クラウドSIM採用WiFiルーターの速度(実測値)と繋がりやすい回線についての調査結果 追記:比較調査でソフトバンク回線にしか繋がらないのは、販売代理店側でクラウドSIMの回線使用状況を制限できる可能性が高まりました...

月額費用

事業者名費用24か月総額金額解約違約金機種代金
ワイモバイル×108,120円なし10,800円
ネクストモバイル77,400円高いなし(レンタル)
UQモバイル96,120円1000円15,000円
BroadWiMAX83,494円高いなし(プレゼント)
hi-ho77,165円高いなし(プレゼント)

費用面に関しては本家サービスほど高い傾向があります。

加えて機種代金も契約時に請求されるため、解約違約金が安くても総額としては非常に高額になります。

また、MVNO系のUQモバイル回線を使用したwifiルーターでは、費用計算が非常に複雑且つ、契約期間の縛りが3年と長い傾向があります。

契約しやすいのはMVNO系のソフトバンク回線wifiルーターとクラウドSIMでしょう。

契約期間

事業者名契約期間解約違約金
ワイモバイルなしなし
ネクストモバイル2年間高い
UQモバイル2年間1000円
BroadWiMAX3年間高い
hi-ho2年間高い

先の項目でも解説しましたが、本家ワイモバイル・UQモバイルは解約違約金が安いですが端末費用を契約時に請求されるため、総額が非常に高額になります。

解約違約金が高いと記載されている事業者は

ブロードワイマックス

  • 契約~12か月:19,000円
  • 13か月~24か月:14,000円
  • 25か月目以降:9500円

ネクストモバイル

  • 契約~12か月:19,000円
  • 13か月~24か月:14,000円
  • 25か月目以降:9,500円

hi-ho GoGo Wifi

  • 契約~12か月:18,000円
  • 13か月~24か月:9,500円
  • 26か月目以降:9,500円

の解約違約金がかかります。

ポケットWiFi・WiMAX・クラウドSIMはどれがおすすめ?

以上を踏まえて、おすすめのモバイルWIFIルーターを比較表にしました。

おすすめできるのは

  • MVNO系のソフトバンク回線を使用したwifiルーター(ポケットWiFi)
  • クラウドSIM採用のwifiルーター

の2つです。

理由としては

  • 料金プランが分かりやすい
  • 端末はレンタルのことが多いため初期費用が安い
  • 短期間制限がなくパケット無制限

という3点からです。

上記対応のモバイルWIFIルーターの総合比較はこちらからご覧ください。

クラウドSIM採用のWiFiルーター10社比較
クラウドSIMモバイルWiFiルーターを比較!全10社おすすめランキング次世代通信方式「クラウドSIM」を採用したパケット無制限WiFiルーターを項目ごとに点数化してランキング形式で掲載しています。1位は料金面で最安、サポートも安心感のあるhi-ho GoGo Wi-Fiです。順にめっちゃwifi、Mugen Wi-Fi、フジワイファイと続きます。安さだけでなく総合的なサービスの質で選ぶことをおすすめします。...
パケット無制限ポケットWiFiモバイルルーターを比較!総費用・月額料金おすすめランキング(2020年2月版)パケット無制限WiFiルーターをランキング形式で掲載しています。2月時点で最安なのはhi-ho GoGo Wi-Fiです。パケット無制限WiFiルーターではどんなときもWiFiが最古参ですが、現時点ではお得なサービスとは言えません。縛り期間なしであればフジワイファイが最安です。パケット無制限WiFiルーターのメリットは自宅でも外出先でもギガを気にすることなく動画などのコンテンツを楽しめることです。 ...

昨今では動画サービスが人気を集めており、キャリア各社でもパケット上限を増やす動きが始まっています。

やはり、パケット上限を気にせずに使えるwifiルーターは心強いですよね。

そんなレンタルWiFiルーターですが、キャリアのスマートフォンを契約していても、組み合わせて使うことで通信費の節約が可能です。

①ドコモでもWiMAX・ポケットWIFIを組み合わせて携帯代を節約【目安は5500円】 ドコモの新プランは パケット上限30GBの「ギガホ」 パケット1GBから7GBの間で料金が変わる「ギガホライト」...
①auでもスマホ代パケット料金を節約できる!WiMAX・ポケットWIFIを併用して節約【目安は5500円】 auでも新プランがスタートし、格安SIM同様に分かりやすい料金形態になりました。 それでもまだドコモやソフトバンクに比べる...
①ソフトバンクでもポケットWIFI・WiMAX併用でスマホ料金を節約【目安は6000円】 ソフトバンクの新プランがスタートしてからしばらく経過しました。 ソフトバンクの場合、ドコモと違って ソフトバンク...

素敵なWiFiライフを送りましょう。

レンタルワイファイナビ公式LINEアカウントを友達追加して
最新のWiFi情報を手に入れよう!

友だち追加

当サイトから申込の方限定でインタビューをさせていただける方を募集しています!

コチラからの質問にお答えいただいて条件を満たした方にはもれなくAmazonギフトカード2000円分をプレゼント!

※当サイトのリンクからの申込に限ります。

詳細は問い合わせフォームから連絡をください!

問い合わせフォーム

RELATED POST