レンタルワイファイナビ公式LINEアカウントを友達追加して最新のWiFi情報を手に入れよう!

友だち追加

GreenEchoes Studio代表
この記事を書いた人:カワムーラ
新潟市にあるWEBサイト運営事業の代表でWiFiルーター等通信関連の専門家です。月々の通信費節約のコツをユーザー目線で書いています。
\ Follow me /
端末情報

FS030W・GlocalMe U2/G3/G4・jetfon P6の端末を比較解説!

パケット無制限のwifiルーターが多く出てきていますが、割と採用するWiFiルーター端末は各社ともに決まってきています。

採用されることが多い端末
  • 富士ソフト FS030W
  • GlocalMe G4
  • GlocalMe G3
  • GlocalMe U2s
  • jetfon P6

クラウドSIM採用のWIFIルーターのほとんどがGlocalMe製の端末を使用しています。

※限界突破wifiのみjetfon P6のOEMを使用

一方、ソフトバンク回線を使ったパケット無制限のwifiルーターでは富士ソフト製FS030Wが採用されているケースが多いです。

本記事ではそれぞれの端末の特徴を解説していきます。

富士ソフトFS030W

<FS030W仕様>

端末名FS030W
重量約128g
端末サイズ74.0×74.0×17.3mm
連続通信時間20時間(Bluetooth通信24時間)
他端末への給電不可
下り最大150.0Mbps
上り最大50.0Mbps
対応BandLTE:1/3/8/11/18/19/21
付属品MicroUSBケーブル(充電用)
ACアダプタ
電池パック
ACアダプタmicroUSB(USB2.0)1.5A MAX
同時接続台数最大15台まで
実売価格13,000円程度

 

富士ソフト製FS030Wを採用しているパケット無制限のwifiルーターは

となっています。

この機種の最大の特徴としては、同時接続台数が15台と多いことです。

イベントや会議等で複数人数で使いたい場合や、自宅の固定回線の代わりとしてIoT機器をたくさんつないで使用する場合はこの機種を採用している通信事業者を選んだ方がいいでしょう。

連続使用時間も20時間と長く、クレードルによる有線接続の他、USB接続など様々な接続方法が選べるのも魅力です。

また、ブロードバンドルーターとしても使えます。

電池パックが替えられるのでバッテリー寿命でも交換が自分で可能です。

また、SIMカードも入れ替え可能なので、別端末にSIMカードを差し替えて使うことも出来ます。

地味にACアダプタもついてくるのは嬉しいですね。

小型でコスパも良く、現状では最強機種ではないでしょうか。

液晶サイズが小さい点は接続した端末(スマホなど)で設定も行えるので問題ありません。

また、WPS機能搭載なので、簡単に接続できます。

 

GlocalMe G4

<GlocalMe G4仕様>

端末名G4
重量188g
端末サイズ136.0×72.2×12.0mm
液晶サイズ5.0インチ
連続通信時間約12時間
他端末への給電
下り最大150.0Mbps
上り最大50.0Mbps
対応BandLTE:1/2/3/4/5/7/8/9/12/13/17/18/19/20/
26/28/34/38/39/40/41
付属品MicroUSBケーブルType-C
SIMピン
ACアダプタ2.0A以上の高出力のACアダプタを推奨。
同時接続台数5台
実売価格20,000円程度

GlocalMeG4を採用しているパケット無制限のwifiルーターは

となっています。

GlocalMe製では最新端末で、薄型軽量なのが特徴です。

しかし、連続通信時間が12時間と比較的短く、半日程度しか持ちません。

また、大型液晶のため、落下による破損リスクもあります。

破損すると機器の操作が出来なくなる可能性が高いです。

同時接続台数が5台というのはちょっと少ないですね。

下記の方法で接続台数を増やすことが出来ます。

どんなときもwifi端末「GlocalMe U2s」やG3/G4で5台以上同時接続を行いホームルーターとして使う方法 クラウドSIMの仕組みを採用したパケット無制限wifiルーターが非常に人気となっています。 その火付け役となったのは間違い...

最新端末らしく、USBType-Cを採用していますね。

翻訳機能や地図機能が便利です。

スマホへの給電も可能です。

デメリットとしては、バッテリー交換ができないことと、端末故障時にIMEI情報を契約通信会社に言って変更してもらわないと新しい端末が使えないことが挙げられます。

WPS機能は非搭載です。

GlocalMe G3

<GlocalMe G3仕様>

端末名G3
重量約240g
端末サイズ65.0×126.5×19.0mm
液晶サイズ4.0インチ
連続通信時間約15時間
他端末への給電
下り最大150.0Mbps
上り最大50.0Mbps
対応BandLTE:1/2/3/4/5/7/8/9/17/19/20/
38/39/40/41
付属品MicroUSBケーブルType-B
SIMピン
ACアダプタ2.0A以上の高出力のACアダプタを推奨。
同時接続台数5台
実売価格20,000円程度

GlocalMeG3を使用しているパケット無制限のwifiルーターは

となっています。

1世代前の機種で見た目はiPhone4にそっくりです。

厚みがある分、バッテリーの持ちはG4よりもいいです。

連続通信時間は15時間とまぁまぁです。

同時接続台数が5台と少ないですが、下記の方法で接続台数を増やすことが出来ます。

どんなときもwifi端末「GlocalMe U2s」やG3/G4で5台以上同時接続を行いホームルーターとして使う方法 クラウドSIMの仕組みを採用したパケット無制限wifiルーターが非常に人気となっています。 その火付け役となったのは間違い...

デメリットとしては、バッテリー交換ができないことと、端末故障時にIMEI情報を契約通信会社に言って変更してもらわないと新しい端末が使えないことが挙げられます。

WPS機能は非搭載です。

GlocalMe U2s

<GlocalMe U2s仕様>

重量151g
端末サイズ127×65.7×14.2mm
連続通信時間約12時間
他端末への給電不可
下り最大150.0Mbps
上り最大50.0Mbps
対応BandLTE:1/2/3/4/5/7/8/9/17/19/20/
38/39/40/41
付属品
※本製品には充電器が付属されておりません。(下記ACアダプタを参照)
MicroUSBケーブル(充電用)
ACアダプタ2.0A以上の高出力のACアダプタを推奨。
お客様側でご用意いただくか、申込みフォームにて専用充電器の販売もあります。
同時接続台数最大5台まで
実売価格18,000円程度

GlocalMeU2sを採用しているパケット無制限のwifiルーターは

となっています。

G4,G3とほぼ機能は同じですが、液晶が非搭載のため、破損リスクが少ないのが特徴です。

個人的にはこの端末の方が安心感があります。

設定はスマホ等の接続機器で行います。

この機種も連続通信時間は15時間とまぁまぁです。

同時接続台数が5台と少ないですが、下記の方法で接続台数を増やすことが出来ます。

どんなときもwifi端末「GlocalMe U2s」やG3/G4で5台以上同時接続を行いホームルーターとして使う方法 クラウドSIMの仕組みを採用したパケット無制限wifiルーターが非常に人気となっています。 その火付け役となったのは間違い...

デメリットとしては、バッテリー交換ができないことと、端末故障時にIMEI情報を契約通信会社に言って変更してもらわないと新しい端末が使えないことが挙げられます。

WPS機能は非搭載です。

jetfon P6

<jetfon P6>

端末名jetfon P6
重量162g
端末サイズ152.9×74.2×8.5mm
液晶サイズ5.7インチ
連続通信時間15時間
他端末への給電不可
OSAndroid8.1.0 Oreo
下り最大150.0Mbps
上り最大50.0Mbps
対応Band1/2/3/4/5/7/8/12/13/17/18/19/20/
26/28/34/38/39/40/41
付属品MicroUSBケーブルType-C
ACアダプタ
ACアダプタ同梱
同時接続台数8台
実売価格17000円程度

参考:jetfon

jetfon P6はOEM機種として

で使用されています。

元々はスマートフォンとして使用されている機種です。

本体が熱くなりやすいといった口コミも散見しています。

同時接続台数は8台とまぁまぁ多いですが下記の方法で接続台数を増やすことが出来ます。

どんなときもwifi端末「GlocalMe U2s」やG3/G4で5台以上同時接続を行いホームルーターとして使う方法 クラウドSIMの仕組みを採用したパケット無制限wifiルーターが非常に人気となっています。 その火付け役となったのは間違い...

翻訳機能や地図機能が便利です。

デメリットとしては、バッテリー交換ができないことと、端末故障時にIMEI情報を契約通信会社に言って変更してもらわないと新しい端末が使えないことが挙げられます。

WPS機能は非搭載です。

 

それぞれの端末を比較

それでは一覧で比較してみましょう。

※横スクロールします。

端末名FS030WG4G3U2sjetphon P6
重量約128g188g約240g151g162g
端末サイズ74.0×74.0×17.3mm136.0×72.2×12.0mm65.0×126.5×19.0mm127×65.7×14.2mm152.9×74.2×8.5mm
液晶サイズ不明5.0インチ4.0インチなし5.7インチ
連続通信時間20時間(Bluetooth通信24時間)約12時間約15時間約12時間15時間
他端末への給電不可不可不可
下り最大150.0Mbps150.0Mbps150.0Mbps150.0Mbps150.0Mbps
上り最大50.0Mbps50.0Mbps50.0Mbps50.0Mbps50.0Mbps
付属品MicroUSBケーブルType-B
ACアダプタ
電池パック
MicroUSBケーブルType-C
SIMピン
MicroUSBケーブルType-B
SIMピン
MicroUSBケーブルType-B
SIMピン
MicroUSBケーブルType-C
ACアダプタ
ACアダプタmicroUSB(USB2.0)1.5A MAX2.0A以上の高出力のACアダプタを推奨。2.0A以上の高出力のACアダプタを推奨。2.0A以上の高出力のACアダプタを推奨。同梱
同時接続台数15台5台5台5台8台
実売価格13,000円程度20,000円程度20,000円程度18,000円程度17000円程度

 

まとめ

いかがでしょうか。

一概に大型液晶がついている機種が優れているというわけではないということが分かったと思います。

クラウドSIM採用wifiルーターを無理に求めなければ富士ソフト製FS030Wを採用しているネクストモバイル等がお勧めですね。

クラウドSIM採用wifiルーターであればU2sを採用しているメーカーが無難でしょう。

あなたにピッタリのwifiルーターを見つけてください!

【お知らせ】

お使いのスマホのパケット通信料を一番低いものにして、ネクストモバイルを契約することでもっとお得に快適なインターネットが楽しめます。

たとえ格安SIMでなくても、ドコモ・au・ソフトバンクユーザーの方もwifiルーターと組み合わせることで月々の通信費がとってもお得になります。

①ドコモでもWiMAX・ポケットWIFIを組み合わせて携帯代を節約【目安は5500円】 ドコモの新プランは パケット上限30GBの「ギガホ」 パケット1GBから7GBの間で料金が変わる「ギガホライト」...
①auでもスマホ代パケット料金を節約できる!WiMAX・ポケットWIFIを併用して節約【目安は5500円】 auでも新プランがスタートし、格安SIM同様に分かりやすい料金形態になりました。 それでもまだドコモやソフトバンクに比べる...
①ソフトバンクでもポケットWIFI・WiMAX併用でスマホ料金を節約【目安は6000円】 ソフトバンクの新プランがスタートしてからしばらく経過しました。 ソフトバンクの場合、ドコモと違って ソフトバンク...

競合他社比較はこちらからどうぞ。

クラウドSIM採用のWiFiルーター10社比較
クラウドSIMモバイルWiFiルーターを比較!全10社おすすめランキング次世代通信方式「クラウドSIM」を採用したパケット無制限WiFiルーターを項目ごとに点数化してランキング形式で掲載しています。1位は料金面で最安、サポートも安心感のあるhi-ho GoGo Wi-Fiです。順にめっちゃwifi、Mugen Wi-Fi、フジワイファイと続きます。安さだけでなく総合的なサービスの質で選ぶことをおすすめします。...
パケット無制限ポケットWiFiモバイルルーターを比較!総費用・月額料金おすすめランキング(2020年2月版)パケット無制限WiFiルーターをランキング形式で掲載しています。2月時点で最安なのはhi-ho GoGo Wi-Fiです。パケット無制限WiFiルーターではどんなときもWiFiが最古参ですが、現時点ではお得なサービスとは言えません。縛り期間なしであればフジワイファイが最安です。パケット無制限WiFiルーターのメリットは自宅でも外出先でもギガを気にすることなく動画などのコンテンツを楽しめることです。 ...

レンタルワイファイナビ公式LINEアカウントを友達追加して
最新のWiFi情報を手に入れよう!

友だち追加

当サイトから申込の方限定でインタビューをさせていただける方を募集しています!

コチラからの質問にお答えいただいて条件を満たした方にはもれなくAmazonギフトカード2000円分をプレゼント!

※当サイトのリンクからの申込に限ります。

詳細は問い合わせフォームから連絡をください!

問い合わせフォーム

RELATED POST