乗り換え前の準備

端末機種代金の清算はどうなる?キャリアから格安シムへ乗り換える際の注意点

キャリアから格安SIMへ乗り換える場合、キャリアが負担してくれていた端末割賦代金も全額自己負担になります。

本記事では全額自己負担になった場合の清算の注意点を解説していきます。

端末購入サポートの仕組み

ドコモを例にあげましょう。

2019年10月1日以前に機種を購入した方はこの分割プランが適応されています。

iPhone XSをドコモで購入、2年間の契約で端末代金を24分割で支払う場合

¥5,343-/月 の負担となります。

端末購入では、この約半額(¥2,457-)をドコモが負担してくれる仕組みとなり

実質自己負担額は2916円の支払いで済むことになります。

仮に契約12か月で解約すると

  • 違約金 9975円(1回請求)①
  • 端末代金残債 5343円×12回(分割)

を支払うことになります。

格安SIMへ乗り換えた方がお得という事実

大半の方はMNPで乗り換える場合がほとんどですので上記違約金と端末代金の割賦に加えて

  • MNP転出料(ドコモ2000円、他3000円)②
  • MNP転入料(転入先事業者に3000円)③

を支払うことになります。

参考:ドコモ/au/ソフトバンクでのMNP(番号そのまま乗り換え)をする方法まとめ

一時的に支払う額としては①②③合計で15975円となり

格安SIMへ乗り換えた後も端末料金の5343円は12か月間払い続けることとなります。

端末をそのまま使用して、楽天モバイル (1480円/月※1年間)に乗り換えた場合

月額費用は6823円となります。

仮にキャリアで毎月1万円程度支払っていた場合、月額3000円程度の節約になります。

これを12か月支払うと36000円の節約になります。

違約金他手数料は16000円程度だったことを考えると、キャリアをそのまま使用しているより1年間で20000円程度節約できることとなります。

以上の理由で

契約期間中で違約金を支払って且つ端末代金を払っても格安SIMへ乗り換えた方がお得になる計算になります。

追記:キャリアの解約金上限が1000円以下(要新プラン移行)になったのでさらにお得になりました。

端末代金の支払いを滞らせてはいけない

解約違約金と端末割賦代金、MNP転出料は、もともとのキャリアの支払いに使用していた銀行口座もしくはクレジットカードから引き落とされます。

MNP転入料金に関しては、新しく乗り換えた事業者から請求されます。

稀に耳にするのが「端末代金を支払わない」ケースです。

最近ではなくなってきましたが、以前は端末代金のすべてをキャリアが負担していた時もあったため

「タダでスマホを手に入れた」感覚に陥っている人がいるようです。

キャリアを解約して、キャリア負担分の端末代金の請求が来ても「おかしい」と思って支払わない…という思考になってしまうようです。

支払いが滞ると何が起こるか

支払いが滞る=借金の返済ができなくなる

ということです。

<①端末が利用できなくなる>

支払いが滞ると、まず先に端末が利用できなくなります。

キャリアで購入した端末は、製造番号をキャリア側で控えてあります。

端末の支払いが滞った場合は、キャリア側でソフトウェアロックをかけることが可能です。

こうして「利用制限」がかかった端末は、キャリア側が解除をしない限り二度と使用することができません。

ヤフオク等で「ネットワーク制限×」のスマートフォンをよく見かけますが、これは代金の使用が滞って使用できなくなった端末です。(部品取り用途で売られることがあります)

<②信用情報に傷がつく>

普段はまったく考えることも聞くこともありませんが、日本国内において生きている以上、個人の信用情報は管理・共有されています。

借金の返済が滞った場合、信用情報機関の「ブラックリスト」に登録されます。

これに登録されると、今後の人生において

  • クレジットカードの作成ができなくなる
  • 銀行で口座開設が困難になる
  • 融資を受けることができなくなる

というとんでもなく大きいペナルティを受けることになります。

これを受けると、お金に関する信用を失うことになり

住宅ローンやマイカーローンを組むこともできなくなります。

(※奨学金の返済が滞っても同様です)

端末は「分割購入した」という意識を持とう

このように、キャリア側が負担していた代金が自分に降りかかってくるという事実を理解できない人で

代金の支払いが滞ってしまう場合があります。

iPhone XSの販売代金は ¥128,232- です。

正直、iPhoneは高すぎると思います。

格安SIMへ乗り換えると今後iPhoneは購入しなくなるでしょう。

実際私はキャリアから乗り換えてiPhoneからandroidへ乗り換えましたが、何一つ不自由はありませんでした。

HuaweiやOPPO,ASUS等から安くて高性能のandroid端末は数多く出ています。

格安SIMへ乗り換えた後はぜひandroidも検討した方がよいでしょう。

iPhoneからAndroidへ乗り換え/機種変更する際の準備と注意点 日本国内はiPhoneユーザーが非常に多いことで知られています。 当運営サイトの状況を見てもスマホアクセスの実に7割がiP...
ABOUT ME
カワムーラ!
カワムーラ!
ウェブサイト運営/HP制作管理で個人事業をしています。元バンドマン(@tone_niigata)で一児のパパ。見てくれる人がちょっと得するような情報を運営サイトを通して発信しています。 企業/個人問わずワードプレスHP制作管理やパソコン設定等承ります。詳細は下記リンクからどうぞ。