レンタルワイファイナビ公式LINEアカウントを友達追加して最新のWiFi情報を手に入れよう!

友だち追加

GreenEchoes Studio代表
この記事を書いた人:カワムーラ
新潟市にあるWEBサイト運営事業の代表でWiFiルーター等通信関連の専門家です。月々の通信費節約のコツをユーザー目線で書いています。
\ Follow me /
縛りありWiFi

期待値も無制限!MugenWifi(無限ワイファイ)が大幅料金改定さらにお得に!その評判に迫る!

\公式サイトをCHECK!/
MUGEN Wi-Fi

エコー君
エコー君
無限ワイファイって本当にパケット無制限なの!?
管理人
管理人
そうだよっ!パケット上限なしのクラウドSIMwifiルーターサービスです。

「UQ WiMAXだぞっ」のCMで再び注目されてきているWiMAXやポケットWIFIです。

「短期間での通信制限がある」「繋がりにくい」「地下鉄で繋がらない」「遅い」「通信障害がある」というデメリットを打破して登場したのがクラウドSIM採用のwifiルーターです。

クラウドSIM採用のレンタルwifiルーターサービスの中で最も安い金額を提示しているのがMUGEN Wi-Fi(無限ワイファイ)です。

2019年12月6日からの価格改定で

  • 初期費用6,000円→3,000円に値下げ
  • 解約違約金最大30,000円→9,000円に値下げ
  • 25ヶ月目のみ違約金無料→25か月以降ずっと違約金なし
  • 24か月以上の契約で端末プレゼント

とさらに使いやすくなりました。

<Mugen Wi-Fi概要>

月額使用料3280円(Mugen格安プラン端末U2s)
3880円(翻訳機能付き端末G4のアドバンスプラン)
24か月総額81,720円(格安プラン)
96,120円(アドバンスプラン)
日割り計算なし
※次月利用オプション(自動配送オプション)利用で月途中契約時のロスが防げる
(初期費用3000円は当月請求)
初期費用
契約事務手数料3000円※初回のみ
オプション
(選択加入)
Mugen保証プラン500円/月
次月利用オプション 0円
解約違約金無料オプション 500円/月
端末費用
無料
送料無料
発送までの期間最短即日発送
指定契約期間
(縛り)
24か月(24か月更新プラン)
※月額500円加算で解約違約金が無料
通信回線トリプルキャリア対応(ドコモ・au・ソフトバンク)
通信速度30-60Mbps程度
通信量上限なし
海外通信134か国対応
支払い方法クレジットカードのみ

今すぐ詳細を確認したい方は公式ホームページへどうぞ!

【公式】MUGEN Wi-Fi

\公式サイトをCHECK!/
MUGEN Wi-Fi

本記事では料金プランによって選べる端末が変わる点と

競合サービスとの料金プランの比較を中心に解説します。

Mugen WiFiと限界突破WiFiを比較!液晶付き高性能端末はアドバンスプランで採用のG4で決まり!液晶付き高性能端末を採用しているパケット無制限クラウドSIMWiFiルーターで最もおすすめのはMugen Wi-Fiです。限界突破wifiの方が料金面では安いですが、通信障害が生じることもあり、おすすめできません。液晶付きWiFiルーターは安さだけでなくサービスの質で選びましょう。...

目次(見たい項目をタップ)

Mugen Wi-Fi(むげんワイファイ)は株式会社surfaveが運営

会社名株式会社surfave
設立2019年6月1日
代表取締役佐藤 智之
従業員数14名
届出電気通信事業者届け出番号:A-01-17268
届け出年月日:令和元年8月6日
所在地東京都渋谷区恵比寿1丁目15−9 シルク恵比寿
ホームページhttps://www.surfave-inc.com
業務内容インターネット接続サービス・HP作成事業等
電話番号0120-541-802(平日11:00-19:00まで※年末年始は除く)
お問い合わせ専用フォームからどうそ

月額料金を払うサービスを契約をするわけなので、運営会社はしっかりと把握しましょう。

Mugen WiFi(無限ワイファイ)は株式会社surfaveが運営しています。

「ん?surface?」

違います、サーフェーブです。

サーフウェーブをもじった会社名なのでしょう。

我々のmissionは、常に消費者に対し

次から次に生まれるインターネットの波を

乗りこなせるSurfboadをつくることです。

https://www.surfave-inc.com

というホームページの文言のごとく、インターネット通信事業を手掛ける会社です。

容量無制限モバイルルーターとしては、最安値を誇るMugenWiFiです。

古参のレンタルwifiルーター事業者へ挑戦する姿勢が素晴らしいですね。

レンタルワイファイナビからのお知らせ

<光回線のメリット>

  1. 速度が速い
  2. 応答速度が速い
  3. パケット上限なし
  4. 常にインターネット回線につながっている

オンラインゲームをする方やスマート家電が多くある家庭は光回線の方がいい場合があります。

新規で光回線を申し込む方や最も安いプロバイダを探したい方は「光コラボ比較ナビ」も覗いてみてください◎

\公式サイトをCHECK!/
光コラボ比較ナビ

上記に当てはまらない方にはやはりモバイルWIFIルーターがおすすめです。

【公式】MUGEN Wi-Fi

\公式サイトをCHECK!/
MUGEN Wi-Fi

目次に戻る▶▶

Mugen Wi-Fiの料金プランについて

Mugen WiFi(むげんワイファイ)には料金形態が2種類存在します。

<アドバンスプラン>

  • 月額3880円
  • 最新端末「G4」を貸与→24か月以上の契約でプレゼント
  • バッテリー3900mAh搭載で充電器機能付き
  • 翻訳・マップアプリ搭載の液晶付き端末
  • 連続通信時間12時間

<格安Mugenプラン>

  • 月額3280円
  • 端末U2sを貸与→24か月以上の契約でプレゼント
  • バッテリー3500mAh
  • 連足通信時間12時間

このように「アドバンスプラン」と「Mugen格安プラン」の2種類が存在します。

プラン名Mugen格安プランアドバンスプラン
月額3,280円3,880円
容量制限なし
契約期間2年縛り
解約金0~12ヶ月目:9,000円(税抜)
13~24ヶ月目:5,000円(税抜)
25か月目以降:無料
管理人
管理人

これ以外の初期費用としては

契約事務手数料3,000円(新規契約時のみ)がかかります。

目次に戻る▶▶

Mugen格安プランとアドバンスプランはどっちがいいの?

エコー君
エコー君
わぁー!プランが2つあって迷う…管理人さん、どっちがおすすめなの?
管理人
管理人
翻訳・マップアプリ搭載の液晶付き端末が良ければアドバンスプラン、とにかく安く通信したいというのであればMugen格安プランがいいでしょう。

他にも液晶付き端末を採用しているパケット上限なしのwifiルーターサービスは4社あります。

このようにアドバンスプランは最安ではありませんが、最も安い限界突破wifiの端末に比べると非常に通信障害が少なく繋がりやすい印象です。

管理人
管理人
少々値段は高くなりますが、翻訳マップ機能付き機種にこだわるなら、限界突破wifiより繋がりやすいMugen Wi-Fiのアドバンスプランがお勧めです。WiFiルーターとして繋がらないのは致命的ですので…。ちなみに限界突破wifiはモバイルデータ通信機能をオフにすることで問題なく接続できます。

また、GlocalMe G4には限界突破wifiの端末にない

  • 他端末への給電機能(モバイルバッテリーとして使える)

というメリットがあります。

【公式】MUGEN Wi-Fi

\公式サイトをCHECK!/
MUGEN Wi-Fi

目次に戻る▶▶

Mugen Wi-Fiのオプションについて

MugenWi-Fiには3つのオプションが存在します。

Mugen保証プラン

MugenWi-Fiにはアドバンスプラン/格安Mugenプランそれぞれに加入時のみ任意の端末補償が500円でつけることが出来ます。

<補償対象>

  • 正規の利用方法での故障
  • 水濡れ
  • 機器破損
  • 機器全損

※故意による破損、改造による破損、盗難紛失、使用による劣化色落ちは保証対象外

※1度補償をうけたあと、12ヶ月以内の再度補償を受けたい場合は、1台あたり20,000円(税抜)発生

管理人
管理人
補償がない場合での本体の交換費用は20,000円かかるということもあり、破損の心配がある人は入っておいて損はないでしょう。

次月利用オプション

Mugen Wi-Fiは日割り計算がないため、月途中契約時でも1か月分の料金を請求されます。

次月利用オプションを使用すると、自動的に次月頭に配送されるため月途中契約時のロスを防ぐことが出来ます。

ただし、初期費用3000円は契約月に請求となります。

※申し込み後”8日以内のキャンセルであれば初期契約解除制度を利用し契約解除可能です

縛りなしオプション(解約違約金無料オプション)

Mugen Wi-Fiでは利用料金に月額500円プラスするといつ解約しても違約金がかからなくなる縛りなしオプションがあります。

  • Mugen格安プラン:3280円+500円=3780円
  • アドバンスプラン:3880円+500円=4380円

【公式】MUGEN Wi-Fi

\公式サイトをCHECK!/
MUGEN Wi-Fi

目次に戻る▶▶

Mugen Wi-Fiを競合他社プランと比較する

それでは他社との料金を比較しましょう。

【公式】MUGEN Wi-Fi

\公式サイトをCHECK!/
MUGEN Wi-Fi

目次に戻る▶▶

24か月総費用で比較

MUGEN Wi-Fiは他社同様に2年縛りのある契約となっています。

管理人
管理人
料金を比較するときは月額費用だけでなく、2年(24か月)間の総額で比較しましょう。
タップしてジャンプ月額費用12か月総額24か月総費用契約期間初期費用違約金(1-12ヶ月)13か月目違約金(13-24ヶ月)違約金(25ヶ月目)26か月目以降
33553690577165243000180009500950009500
31004020077400243000190001400014000014000
34503830079700243800180001200012000012000
34804476086520243000190001400014000014000
30503960081600123000180000800008000
3280423608172024300090005000500000
3500420008400024018000180001800000
338044540851000398000000
3480447608652024300098009800980000
348041760835200000000
368047160913200300000000
3880495609612024300090005000500000
398050760985200300000000

参考:パケット無制限ポケットWiFi・クラウドSIMwifiルーターの総費用・月額料金比較ランキング

エコー君
エコー君
やっぱり総額料金では他社も安いんだね…管理人さん、Mugen Wi-Fiの料金以外のメリットはないんですか?
管理人
管理人
Mugen Wi-Fiのみ契約から30日以内であれば違約金なしで解約できることもメリットとなります。また、解約違約金が非常に安いこともメリットですね。料金だけでない魅力がたっぷりです。

目次に戻る▶▶

海外利用可能国が134か国と最多!

サービス対応国/料金
どんなときもwifi131か国対応
渡航国A:1280円/日
渡航国B:1880円/日
通信上限:1GB/日
よくばりwifi113か国対応
エリアA:1250円/日
エリアB:1850円/日
通信上限:1GB/日
むげんwifi134か国対応
Area1:1200円/日
Area2:1600円/日
通信上限:1GB/日
限界突破wifi107か国対応
300MB/日 380円~980円
1GB/7日 980円~4980円
3GB/30日 1880円~9980円
※要手続き
めっちゃwifi100か国以上対応
東南アジア以外:1250円/日
東南アジア17か国:850円/日
通信上限:1GB/日※

競合他社の通信可能な海外は100か国程度なのに対して、むげんwifiは134か国に対応しています。

主要渡航国はもちろんのこと、それ以外の国もばっちりカバーしています。

料金についてもまずまずといったところでしょう。

【公式】MUGEN Wi-Fi

\公式サイトをCHECK!/
MUGEN Wi-Fi

目次に戻る▶▶

24か月以降も3280円と料金アップなし!

どんなときもwifiが25か月目から月額料金が500円増しの3980円となるデメリットを受けて、競合他社は24か月目以降の料金を据え置きにしています。

当然、むげんwifiも月額3280円がずっと続きます。

これはすごいメリットですね。

【公式】MUGEN Wi-Fi

\公式サイトをCHECK!/
MUGEN Wi-Fi

目次に戻る▶▶

Mugen Wi-Fiのメリットについて

Mugen(むげん) WiFiにはメリットが7つありまます。

Mugen wifiのメリット7つ
  1. 解約違約金が安い!25か月目以降解約違約金無料!
  2. インターネットパケット通信量が無制限で使い放題
  3. トリプルキャリア対応で地下鉄OK!
  4. 最短即日発送
  5. 海外でもそのまま利用できる
  6. 25か月目以降も料金そのまま
  7. 申込から30日間は全額返金保証!

それでは各特徴について詳しく見ていきましょう。

目次に戻る▶▶

解約違約金が安い!25か月目以降解約違約金無料!

無限ワイファイは24か月契約の縛りがあるプランとなっており、その期間内での解約は違約金が発生します。

<解約違約金>

  • 1年未満:9,000円(税抜)
  • 1〜2年未満:5,000円(税抜)
  • 2年以降:無料

他社だと1年以内の解約違約金が2万円程度かかることを考えるとその半額で使用することが出来ます。

しかも、更新月のみ違約金がかからないという競合サービスが多い中、無限ワイファイは25か月目以降の解約違約金は無料となっています。

【公式】MUGEN Wi-Fi

\公式サイトをCHECK!/
MUGEN Wi-Fi

目次に戻る▶▶

パケット通信量が無制限で使い放題

巷で話題になっているUQWiMAXをはじめとするレンタルwifiルーター(ポケットWIFIやWiMAX端末)は短期間の使用でのパケット通信料に上限があることは知られていない話でしょう。

下記が端末による通信制限一覧です。

※WiMAXはauの電波網、ポケットWIFIはソフトバンクの電波網を使用したサービス

通信業者別通信制限
WiMAX直近3日で10GBを超えた場合、 翌日18時から翌々日2時まで速度制限
ポケットWIFI直近1日で3GBを超えた場合、当日18時から翌日1時まで速度制限

このように、多くのポケットWIFI・WiMAXユーザーの悩みは、通信無制限を謳っていても実際には短期間に使い過ぎると通信制限がかかってしまうことでした。

そんなデメリットを解消しているのがMugen WiFiです。

Mugen WiFi(むげんワイファイ)は1日/3日間での通信量が無制限で且つ、月間通信量無制限を実現しています。

本当の意味でのパケット通信料無制限なのです。

ただし、以下の場合に該当するときは通信制限および利用停止の可能性がありますのでご注意ください。

国内外の通信会社では、ネットワーク品質の維持および公正な電波利用の観点から、 著しくネットワークを占有するレベルの大容量通信をされた場合、 該当のお客様に対し通信速度を概ね384Kbpsに制限する場合があります。 また違法ダウンロードなどの不正利用の疑いがある場合、ご利用停止を行う場合があります。

【公式】MUGEN Wi-Fi

\公式サイトをCHECK!/
MUGEN Wi-Fi

目次に戻る▶▶

トリプルキャリア対応で繋がりやすく地下鉄でもOK!

Mugen wifi(むげんワイファイ)がほかのレンタルwifiルーターより優れているのは、ドコモ・au・ソフトバンクの通信回線に対応しているということです。

これは、クラウドSIMという仕組みを利用しており、その場所で最も通信しやすい電波を選んで通信をしてくれるという仕組みです。

例えば、WiMAX(=au回線)の弱点としては、地下鉄で繋がりにくいということです。

Mugenwifiであれば、遮蔽物に強いソフトバンク・ドコモの電波網で通信が可能なため、地下鉄等でも繋がりやすいことが期待できます。

【公式】MUGEN Wi-Fi

\公式サイトをCHECK!/
MUGEN Wi-Fi

目次に戻る▶▶

最短即日発送

Mugen wifi(むげんワイファイ)のすごいところは、最短で即日発送してくれるということです。

東京からの発送ですので、地域によっては最短翌日に受け取ることが可能です。

ただし、即日発送を受ける場合、平日は13時まで、土曜日は11時までの受付分となり、申込内容に不備がない場合に限ります。

多くのレンタルwifiルーターは発送までに2営業日以上かかるところが多いことを考えると、Mugen wifi(むげんワイファイ)の発送がどれだけ早いかわかると思います。

すぐに使いたい方にはぴったりですね。

【公式】MUGEN Wi-Fi

\公式サイトをCHECK!/
MUGEN Wi-Fi

目次に戻る▶▶

海外でもそのまま利用できる

Mugen wifi(むげんワイファイ)はクラウドSIMの仕組みを利用しているため、特別な手続きをすることなくそのまま海外でも使用することが出来ます。

世界134か国対応です。(どんなときもwifiは113か国)

プランは「世界どこでも放題・アジアどこでも放題プランday1GB」プランになります。

Area1ーアジア・ヨーロッパ・アメリカ・オーストラリア

1200円/日(上限1GB超過後は384kbpsの通信制限)

Area2ー中東・アフリカ・南米

1600円/日(上限1GB超過後は384kbpsの通信制限)

どんなときもwifiも同様にサービスを展開していますが、地域によってはむげんwifiのほうが安いですね。

(どんなときもwifi参考/エリアA-1250円、エリアB-1850円)

【公式】MUGEN Wi-Fi

\公式サイトをCHECK!/
MUGEN Wi-Fi

目次に戻る▶▶

キャンペーン価格は25か月目以降も3280円

現在、キャンペーン価格で月額3280円で契約することが出来る無限ワイファイですが

この価格はなんと25か月目以降もずっと3280円で使えます。

  • よくばりwifiは月額3450円で25か月目以降もそのまま
  • どんなときもwifは月額3480円で25か月目以降は3980円に値上げ

と他社に比べて圧倒的にお得になっています。

【公式】MUGEN Wi-Fi

\公式サイトをCHECK!/
MUGEN Wi-Fi

目次に戻る▶▶

申込から30日以内であれば全額返金保証!

Mugen wifi(むげんワイファイ)の一番の目玉は

申込から30日以内であれば全額返金保証ということでしょう。

返金保証の詳細は下記のとおりです。

  1. フォームからの申込日から30日以内に「安心全額返金保証希望」の旨と「解約理由」「追跡番号」をお問い合わせフォームより連絡すること。
  2. 返品の「発送日時」が30日以内であること。
  3. Mugen WiFiのご利用が初めてであること。
  4. 海外利用がある場合はデイリーの利用料金が発生
  5. 50GB を超える大容量通信を行った場合、9,000円の解約費用が掛かる

要するに、契約後30日以内で「やっぱり必要ないや」と思ったら

  • 契約違約金なし
  • 月額料金3280円返金

という破格の条件で契約解除が可能です。

お試しで使うにはもってこいですね!

ただし

  • 箱の破損・説明書の欠品等は追加費用20,000円
  • 返却処理手数料1080円
  • 送料は送り主負担

となるため、注意が必要です。

【公式】MUGEN Wi-Fi

\公式サイトをCHECK!/
MUGEN Wi-Fi

目次に戻る▶▶

MUGEN Wi-Fi(むげんワイファイ)のデメリット

メリットばかりのMUGEN wifiですが、デメリットも存在します。

MUGEN wifiのデメリット
  1. 解約違約金がかかる
  2. 支払方法がクレジットカードのみ
  3. 新規サービスのためサポート体制が未知数
  4. 日割り計算がない
  5. 24か月未満の解約時に端末の返却が必要
  6. 同時接続台数が5台と少ない

途中解約金がかかる

無限ワイファイは24か月の継続利用を前提とした「縛り期間のある」レンタルwifiルーターです。

24か月未満で解約した場合には下記の解約違約金が発生します。

<解約違約金>

  • 1年未満:9,000円(税抜)
  • 1〜2年未満:5,000円(税抜)
  • 2年以降:無料

先ほども触れましたが、これは業界最安値クラスです。

他社は2万円近くかかるところ半額ということは、それほど大きなデメリットにはなりません。

【公式】MUGEN Wi-Fi

\公式サイトをCHECK!/
MUGEN Wi-Fi

目次に戻る▶▶

支払い方法がクレジットカードしか選べない

無限ワイファイはクレジットカードでしか支払いができません。

口座振替を希望する方には対応していません。

どんなときもwifiであれば口座振替にも対応していますが、月額料金が3980円に値上がりしてしまうためお勧めできません。

目次に戻る▶▶

サポート体制が未知数

無限ワイファイはまだまだ歴史の浅いサービスです。

従業員が14名ということを考えると、電話対応の遅さも可能性としては考えられます。

この辺は業界最安値を謳っている企業なので、今後の発展に期待したいところでしょう。

目次に戻る▶▶

日割り計算がない

Mugenwifiは日割り計算がないため、契約するのが月初めでも月終わりでも1か月分の料金を請求されます。

mugenwifi日割り計算

参考:Mugenwifi

しかし、次月配送オプションを利用すれば、端末の発送が翌月はじめになる代わりに日割り計算がないことによるデメリットをゼロにすることが出来ます。

管理人
管理人
日割り計算ができないのはデメリットですが、こういう心配りが出来る優良サービスと言えるでしょう。

目次に戻る▶▶

24か月未満の解約時に本体の返却が必要

Mugen Wi-Fiは24か月以上契約すると端末がプレゼントとなります。

しかし、それ以前の解約では端末の返却が必要となります。

返却できない場合は18000円の支払い義務があるので、落としたり汚したりしないよう大事に扱いましょう。

また、専用化粧箱だけでなく、発送時の段ボールやmicroUSBケーブル等無くさないように大切に保管しましょう。

同時接続台数が5台と少ない

他のクラウドSIMwifiルーターで共通していますが、GlocalMe端末は同時に5台までしか接続できないため、ホームルーターとして使用するにはちょっともの足りません。

しかし、下記の方法で接続台数を増やすことが出来ます。

どんなときもwifi端末「GlocalMe U2s」やG3/G4で5台以上同時接続を行いホームルーターとして使う方法 クラウドSIMの仕組みを採用したパケット無制限wifiルーターが非常に人気となっています。 その火付け役となったのは間違い...

Mugen Wi-Fi(むげんワイファイ)の使用端末

Mugen Wi-Fiではプランによって使用する端末が異なります。

目次に戻る▶▶

GlocalMe U2s端末レビュー!シンプルで使いやすい

MUGEN格安プランで使用する端末はGlocalMe U2sという端末です。

GlocalMeはクラウドSIMサービスを提供するuCloudlink社が出しているブランドです。

U2sは少し丸みを帯びた形状をしているため、非常に手になじみ持ちやすいです。

ボタンも1つなのでシンプルで迷うことがありません。

側面にある電源ボタンを長押しすると、電源が入り、数十秒後に通信可能な状態になります。

接続は、お手持ちのスマートフォンなどの端末からSSID情報を選択、本体背面に張り付けてあるシールに記載されたパスワードを入力して接続完了です。

<GlocalMe U2s概要>

重量151g
端末サイズ127×65.7×14.2mm
連続通信時間約12時間
下り最大150.0Mbps
上り最大50.0Mbps
対応Band1/2/3/4/5/7/8/9/17/19/20/
38/39/40/41
付属品
※本製品には充電器が付属されておりません。(下記ACアダプタを参照)
MicroUSBケーブル(充電用)
ACアダプタ2.0A以上の高出力のACアダプタを推奨。
お客様側でご用意いただくか、申込みフォームにて専用充電器の販売もあります。
同時接続台数最大5台まで
実売価格18,000円程度
注意事項WPS機能なし

 

これはどんなときもwifi・よくばりwifi・めっちゃwifi等と同じく、クラウドSIMwifiルーターで最もよく採用されている端末です。

コンパクトで薄く、重さは144gということです。

G4端末に比べると、液晶はなくボタンは電源ボタンのみというシンプルな作りとなっています。

詳細設定はスマホ側から設定可能です。

管理人
管理人
液晶がない分リッチ感は減りますが割れるリスクは減ります。

目次に戻る▶▶

GlocalMe G4端末レビュー!液晶付き高性能端末に驚き

アドバンスプランでは「GlocalMe G4」という高性能液晶付き端末を使用できます。

セット内容は、マニュアル、端末、SIMピン、ケーブル2本(充電用と別端末へ給電するもの)が入っています。

<GlocalMe G4仕様>

端末名G4
重量188g
端末サイズ136.0×72.2×12.0mm
液晶サイズ5.0インチ
連続通信時間約12時間
下り最大150.0Mbps
上り最大50.0Mbps
対応BandLTE:1/2/3/4/5/7/8/9/12/13/17/18/19/20/
26/28/34/38/39/40/41
付属品MicroUSBケーブルType-C
SIMピン
ACアダプタ2.0A以上の高出力のACアダプタを推奨。
同時接続台数5台
実売価格20,000円程度

端末側面と背面の写真です。

ちょっと同じ面の写真がなく合成ですが、サイズはiPhoneXRとほぼ同様です。

iPhone8と比べると一回り大きいですね。

端末を起動するとこんな感じの画面が出ます。OSはAndroidを採用しています。

管理人
管理人
android端末ですが、アプリの追加インストールはできませんので注意しましょう。

上にスライドするとロックを解除、メニュー画面に移ります。

メニュー画面では、使用容量/トリップアドバイザー/Googleマップ/翻訳機能を選択できます。

管理人
管理人
U2sと比較すると他の端末へ給電できる機能が便利です。

各機能について詳しく見ていきます。

メニュー画面左側をタップするとデータ通信量とSSID/パスワードが表示されます。

画面左上の「トリップアドバイザー」をタップするとトリップアドバイザー公式サイトが開きます。ここからホテルの予約・航空券の手配が可能です。

マップをタップするとグーグルマップアプリが開きます。

エコー君
エコー君
スマホで別情報を検索しながら店舗情報をマップで確認できるのはすごく便利!

画面右下の「翻訳」をタップすると、英語・中国語・タイ語の他22か国語に対応しています。テキスト入力だけでなく、ボイスコマンド対応してるので、端末に話しかけると自動で翻訳・音声読み上げをしてくれます。

管理人が使ってみた感想

もはやG4はクラウドSIMWiFiルーター端末ではなく、ほぼスマートフォンです。マニュアルを見なくても操作できる直感的なデバイスでした。

公式サイトでは翻訳機能&充電機能と控えめな表記でしたが、加えてGoogleマップとトリップアドバイザーが使えるという点では、旅行先で非常に重宝すると思います。

限界突破wifiの端末に比べると動作もサクサク動きますし、何より通信障害がありません。

限界突破wifiは工夫を凝らさないと途切れたり繋がらなかったり不安定な挙動がありますので…。

目次に戻る▶▶

GlocalMe U2s/G4の違い

端末を比較してみましょう。

※横スクロール可能

端末名G4U2s
端末製造元uCloudlink(GlocalMeブランド)uCloudlink(GlocalMeブランド)
カラーブラックグレー他
寸法136 * 72.2 * 12 mm127*65.7*14.2mm
ディスプレイありなし
5.0 HD
重量188g148g
Wi-FiプロトコルIEEE802.11b/g/nIEEE802.11b/g/n
上り速度最大50Mbps最大50Mbps
下り速度最大150Mbps最大150Mbps
OSAndroid 7.1
バッテリー容量3900mAh3500mAh
連続稼働時間約12時間約12時間
CPUSpreadtrum SC9850KSpreadtrum SC9850K
対応BandLTE:1/2/3/4/5/7/8/9/12/13/17/18/19/20/
26/28/34/38/39/40/41
1/2/3/4/5/7/8/9/17/19/20/
38/39/40/41
RAM+ROM1GB+8GB1GB+8GB
GPSGPS/AGPS/GLONASS
対応コネクタMicro USB Type-CMicro USB type-B
モバイルバッテリー機能ありなし
SIMカードスロット1:nanoSIM1:nanoSIM
Wi-Fi接続可能台数最大5台最大5台
付属品取扱説明書取扱説明書
マイクロUSBケーブル TYPE-CマイクロUSBケーブル
SIMピンSIMピン
OTGケーブルOTGケーブル

GlocalMe U2s/G4の違いは

  • 液晶の有無
  • 地図アプリ・翻訳アプリの有無
  • 対応Bandの有無
  • 給電機能の有無

となっています。

上記すべてG4には採用されていますがU2sにはない機能です。

対応バンドについては若干の違いですが、G4の方がauの電波をつかみやすい対応バンドになっています。

管理人
管理人
対応Bandは

ドコモ(Band1/19)

au(Band1/18/26)

ソフトバンク(1/3/8)

を網羅していると繋がりやすいですが、U2sは赤字のみ対応しています。G4はすべて対応しています。

液晶付き端末を採用している事業者は4社存在します。

このようにアドバンスプランは最安ではありませんが、最も安い限界突破wifiの端末に比べると非常に通信障害が少なく繋がりやすい印象です。

管理人
管理人
少々値段は高くなりますが、翻訳マップ機能付き機種にこだわるなら繋がりやすいアドバンスプランがお勧めです。WiFiルーターとして繋がらないのは致命的ですので…。

また、限界突破wifiの端末にない

  • 他端末への給電機能(モバイルバッテリーとして使える)

というメリットがあります。

【公式】MUGEN Wi-Fi

\公式サイトをCHECK!/
MUGEN Wi-Fi

目次に戻る▶▶

GlocalMe U2s/G4のデメリット

デメリットとしてはWPS機能を搭載していないことです。

WPS機能とは、煩雑な接続設定をせずにボタン一つでWi-Fiルーターと無線機器を接続できる機能です。

接続先の端末がWPS方式でしか接続できない場合には接続ができません。

この点は注意しましょう。

また

  • SSIDの非表示(ステルス化)
  • MACアドレスの変更不可

が行えないなど、最低限WiFiルーターとして機能するように作られています。

セキュリティの観点を重要視する方にとっては満足いただけない可能性があります。

そういう時は、モバイルルーターを中継器として使うことで解決できます。

同時接続台数が5台と少ないというデメリットも解消できます。

どんなときもwifi端末「GlocalMe U2s」やG3/G4で5台以上同時接続を行いホームルーターとして使う方法 クラウドSIMの仕組みを採用したパケット無制限wifiルーターが非常に人気となっています。 その火付け役となったのは間違い...

目次に戻る▶▶

Mugen Wi-Fi(むげんワイファイ)の通信対応エリア

無限ワイファイはクラウドSIM採用によるトリプルキャリア対応で、ドコモ・au・ソフトバンク回線を利用することができます。

各社の通信エリアは人口カバー率99%ですが、微妙に異なっています。

その中で最も通信しやすい回線を自動で選んでくれるため、無限ワイファイは非常に繋がりやすくなっています。

また、ソフトバンク回線とドコモ回線の特徴として、遮蔽物に強いことが挙げられます。

これは、au回線であるWiMAXが苦手とする地下鉄内での通信がしにくいというデメリットを解消してくれます。

NTTドコモ|通信エリア

au|通信エリア

ソフトバンク|通信エリア

【公式】MUGEN Wi-Fi

\公式サイトをCHECK!/
MUGEN Wi-Fi

目次に戻る▶▶

Mugen Wi-Fiの通信速度

実際にGlocalMe G4端末を使用して、平日の通信速度を計測してみました。

  • 使用端末:GlocalMe G4
  • 計測条件:同一時間帯で3回計測した中の最も値の良い速度を採用
  • 計測場所:新潟市中央区(屋内)

>>タップして画像を拡大

計測時間ダウンロード速度アップロード速度レイテンシ
6時台17.16.234
7時台16.04.429
8時台39.725.031
9時台30.215.647
10時台28.814.246
11時台35.328.445
12時台17.31.938
13時台18.25.053
14時台9.21.349
15時台21.06.850
16時台31.04.639
17時台21.76.246
18時台13.17.653
19時台11.84.340
20時台13.83.339
21時台25.09.551
平均速度21.89.043.1
最大値39.728.453.0
最小値9.21.329.0

このように1日の中での平均ダウンロード速度は21.8Mbpsとなりました。

混雑時間帯での速度遅延もそれほどなく、全くストレスなく使用することができました。

計測はすべて高気密住宅で行ったため、決して電波状況が良い環境ではない中でのこの結果ですので、屋外での使用であればもっと良い結果が出るでしょう。

管理人
管理人
みんな使うのは屋内ですので、この結果は実際に使用してみた数値に限りなく近いでしょう。

Twitterでの口コミ評判

やはり口コミでも当サイトの計測結果と同じように概ね20-30Mbps程度の速度が期待できますね。

管理人
管理人
速度面においても信頼できるサービスですね。

【公式】MUGEN Wi-Fi

\公式サイトをCHECK!/
MUGEN Wi-Fi

目次に戻る▶▶

MUGENwifi(むげんワイファイ)の評判や口コミ情報

やはりまだ開始したばかりのサービスですので、あまり多くの口コミは確認できませんでした。

知名度でいうと、やはりCMを多く打っている大手が強いな…という印象です。

こんなにもお得なWIFIがあるのに…。

この情報を知ることが出来た方はラッキーですね!

【公式】MUGEN Wi-Fi

\公式サイトをCHECK!/
MUGEN Wi-Fi

目次に戻る▶▶

MUGEN wifi(むげんワイファイ)の申し込み手順

Mugen wifiwifiの申込時に必要なもの
  • クレジットカード

無限ワイファイの申込は、【公式】MUGEN Wi-Fiの「申し込みはこちら」のバナーをクリックします。

そこから

  • 商品選択(料金プランの選択)
  • サポートオプションの選択
  • 利用規約・個人情報の取り扱いの☑

を済ませます。

※オプションの選択が少しわかりにくいですが、赤枠点灯が申込、赤枠が点灯していないと申込をしないという選択になります。

続いて次ページでは申込内容の確認を行います。

続いての決済画面では

  • クレジットカード情報
  • 電話番号
  • メールアドレス
  • 氏名
  • 郵便番号住所
  • 生年月日
  • 商品送付先

を入力します。

「次へ」を選択後、申込確認画面を経て申込完了です。

【公式】MUGEN Wi-Fi

\公式サイトをCHECK!/
MUGEN Wi-Fi

目次に戻る▶▶

MUGEN wifi(むげんワイファイ)の解約方法

MUGEN wifiの解約には、お問い合わせフォームにて連絡することで解約手続きが行えます。

連絡後、折り返し指定のメールアドレスに連絡が来て、解約手続きを行うことが出来ます。

「ご契約者様ページ」からは解約手続きが行えないので注意が必要です。

解約に伴う必要料金は下記のとおりです。

  • 端末返却時送料:ユーザー側負担
  • 返却処理手数料:1,080円(税抜)
  • 30日おためし全額返金保証返却時 箱の破損、説明書等の欠品がある場合:20,000円(税抜)/台
  • Mugen補償を1度受けたあと12ヶ月以内の再度補償を受ける場合:20,000円(税抜)/台
  • 契約期間24ヶ月前の解約時 端末のご返却がない場合:契約月残数×1,600円(税抜)/台
  • 補償プラン未加入の機種交換代:20,000円(税抜)/台

目次に戻る▶▶

まとめ

草原とPCのアイキャッチ

レンタルwifiルーターは格安SIMと合わせて使用すると非常に効率よく通信費を削減することが出来ます。

無限ワイファイは、短期間でも月間でも通信制限がないので、光回線の代用としても使用することが可能です。

Mugen WiFiは

  • 3日制限に悩み、速度にも不満な方
  • 大手レンタルwifiルーターのキャッシュバックが受け取れるか不安な方
  • 地下鉄でモバイルルータの電波が入らない方
  • 海外でも面倒な手続きなく通信をしたい方

におすすめです。

気になる方は是非公式ホームページでチェックしてみてくださいね。

【公式】MUGEN Wi-Fi

\公式サイトをCHECK!/
MUGEN Wi-Fi

目次に戻る▶▶

レンタルwifiルーターはスマホと合わせて使用すると非常に効率よく通信費を削減することが出来ます。

もちろん、格安SIMでもドコモ・au・ソフトバンクユーザーも例外ではありません。

①ドコモでもWiMAX・ポケットWIFIを組み合わせて携帯代を節約【目安は5500円】 ドコモの新プランは パケット上限30GBの「ギガホ」 パケット1GBから7GBの間で料金が変わる「ギガホライト」...
①auでもスマホ代パケット料金を節約できる!WiMAX・ポケットWIFIを併用して節約【目安は5500円】 auでも新プランがスタートし、格安SIM同様に分かりやすい料金形態になりました。 それでもまだドコモやソフトバンクに比べる...
①ソフトバンクでもポケットWIFI・WiMAX併用でスマホ料金を節約【目安は6000円】 ソフトバンクの新プランがスタートしてからしばらく経過しました。 ソフトバンクの場合、ドコモと違って ソフトバンク...

短期間でも月間でも通信制限がないので、光回線の代用としても使用することが可能です。

競合他社比較はこちらからどうぞ。

クラウドSIM採用のWiFiルーター10社比較
クラウドSIMモバイルWiFiルーターを比較!全10社おすすめランキング次世代通信方式「クラウドSIM」を採用したパケット無制限WiFiルーターを項目ごとに点数化してランキング形式で掲載しています。1位は料金面で最安、サポートも安心感のあるhi-ho GoGo Wi-Fiです。順にめっちゃwifi、Mugen Wi-Fi、フジワイファイと続きます。安さだけでなく総合的なサービスの質で選ぶことをおすすめします。...
パケット無制限ポケットWiFiモバイルルーターを比較!総費用・月額料金おすすめランキング(2020年2月版)パケット無制限WiFiルーターをランキング形式で掲載しています。2月時点で最安なのはhi-ho GoGo Wi-Fiです。パケット無制限WiFiルーターではどんなときもWiFiが最古参ですが、現時点ではお得なサービスとは言えません。縛り期間なしであればフジワイファイが最安です。パケット無制限WiFiルーターのメリットは自宅でも外出先でもギガを気にすることなく動画などのコンテンツを楽しめることです。 ...

レンタルワイファイナビ公式LINEアカウントを友達追加して
最新のWiFi情報を手に入れよう!

友だち追加

当サイトから申込の方限定でインタビューをさせていただける方を募集しています!

コチラからの質問にお答えいただいて条件を満たした方にはもれなくAmazonギフトカード2000円分をプレゼント!

※当サイトのリンクからの申込に限ります。

詳細は問い合わせフォームから連絡をください!

問い合わせフォーム

RELATED POST