レンタルワイファイナビ公式LINEアカウントを友達追加して最新のWiFi情報を手に入れよう!

友だち追加

GreenEchoes Studio代表
この記事を書いた人:カワムーラ
新潟市にあるWEBサイト運営事業の代表でWiFiルーター等通信関連の専門家です。月々の通信費節約のコツをユーザー目線で書いています。
\ Follow me /
WiFi比較

Mugen WiFiと限界突破WiFiを比較!液晶付き高性能端末はアドバンスプランで採用のG4で決まり!

トリプルキャリアに対応した次世代通信方式「クラウドSIM」を採用したWiFiルーターが話題を集めています。

3日で10GBといった短期間の通信制限もなく、月間での通信制限もないため、本当の意味での使い放題を実現しています。

その中でも注目なのが「液晶付き高性能端末」を採用したクラウドSIMWiFiルーターです。

エコー君
エコー君
スマホで別情報を検索しながら店舗情報をマップで確認できるのはすごく便利!

そんな液晶付き端末が使える通信事業者は下記の通りです。

液晶付き端末採用クラウドSIMサービス
  1. 限界突破WiFi(jetfon P6 OEM)
  2. Mugen WiFi(GlocalMe G4)

※hy-fi(GlocalMe G4)に関しては月間上限150GBとなっているため今回は除外します。

本記事でMugen Wi-Fiと限界突破WiFiの端末に注目して徹底比較していき、どちらのサービスがおすすめか解説します。

液晶付き端末はMugen WiFiがおすすめ
  • 何より通信障害が少なく繋がりやすい
  • モバイルバッテリーとして使える
  • 端末がサクサク動くためストレスが少ない
管理人
管理人
料金は高くなりますが、しっかり使えるMugenWiFiを選んだ方がいいでしょう。

比較結果

Mugen WiFi限界突破WiFi
データ通信量
料金
 契約期間× 
通信速度
 使用端末 ◎× 
 エリア(海外利用) ◎△ 
 解説記事 MugenWiFiについて解説限界突破WiFiについて解説 
 公式サイトMUGEN Wi-Fi 限界突破WiFi 

「限界突破WiFi」と「Mugen WiFi」を徹底比較!

限界突破wifiとMugenWiFiは両社ともにクラウドSIMを採用したパケット無制限WiFiルーターサービスです。

採用している端末もさることながら、当然料金や契約期間に特徴があります。

それでは2社のサービスについて比較していきます。

データ通信量を比較

WiMAXやポケットWiFiなどは、パケット無制限といいつつも、1日3GBや3日で10GBといった短期間での通信制限があるものが多くあります。

限界突破wifiとMugenWiFiでは、短期間・月間での通信上限はあるのでしょうか?

比較していきます。

月間のデータ通信量は制限なし

限界突破wifiとMugenWiFiは、どちらもデータ通信量に上限はありません。

もちろん、短期間での通信量だけでなく、月間での通信上限も存在しません。

本当の意味でパケット無制限のモバイルWIFIルーターサービスと言えるでしょう。

管理人
管理人
光回線でしか定額制がなかったですが、これなら固定回線の代わりにもなり得るでしょう。

料金で比較

続いては料金について比較していきます。

モバイルWIFIルーターを契約する上で料金について注目するポイントは3つあります。

特に契約期間内の総費用については良く見ておく必要があります。

限界突破wifiとMugenWiFiは両社ともに「2年縛り」の契約形態となっており、契約期間内での解約に関しては違約金が発生します。

そのため、解約しない前提での24か月間n総費用を比較する必要があるのです。

レンタルワイファイナビからのお知らせ

<光回線のメリット>

  1. 速度が速い
  2. 応答速度が速い
  3. パケット上限なし
  4. 常にインターネット回線につながっている

オンラインゲームをする方やスマート家電が多くある家庭は光回線の方がいい場合があります。

新規で光回線を申し込む方や最も安いプロバイダを探したい方は「光コラボ比較ナビ」も覗いてみてください◎

\公式サイトをCHECK!/
光コラボ比較ナビ

上記に当てはまらない方にはやはりモバイルWIFIルーターがおすすめです。

エコー君
エコー君
ちょっと難しそうだけど、読んでいけば分かるよ!

初期費用

Mugen WiFi限界突破WiFi
初期費用3,000円無料

モバイルWIFIルーターを契約する際には、契約時の事務手数料が発生することがほとんどです。

大体この界隈の初期費用の相場は「約3,000円」となっています。

MugenWiFiは相場に倣って初期費用は3,000円となっています。

一方で限界突破WiFiはキャンペーン中で初期費用は無料になっています。

初期費用に関しては限界突破WiFiの方がお得ですね。

月額料金

Mugen WiFi
アドバンスプラン
限界突破WiFi
月額費用3,880円3,500円

クラウドSIMWiFiルーターで最古参のどんなときもWiFiの費用が月額3,480円(液晶無し端末)ということを考えると、液晶付き高性能端末を採用している両社の料金がそれよりも高くなるのは仕方ありません。

月額料金で比較すると、MugenWiFi(アドバンスプラン)は3,880円に対し、限界突破WiFiは3,500円です。

月額料金においては限界突破WiFiの方が安くなっています。

両社ともに月額料金がずっと変わりません。

2年間の支払い総額で比較

Mugen WiFi
アドバンスプラン
限界突破WiFi
月額費用3,880円3,500円
24か月間総費用96,120円84,000円

24か月間の総費用を比較すると、限界突破WiFiの方が安くなっています。

契約期間で比較

料金面に関しては限界突破WiFiの方が安くなっていることが分かりました。

続いて契約期間と違約金について比較していきます。

限界突破WiFi・MugenWiFiともに2年間の契約期間となっています。

この期間内に解約すると違約金が発生します。

しかし、この違約金の発生方法が大きく異なります。

Mugen WiFi
アドバンスプラン
限界突破WiFi
契約期間2年間2年間
違約金1~12か月:9000円
13~24か月:5000円
以降無料
1~12か月:18,000円
13~24か月:18,000円
25~27か月:0円
28~36か月:5,000円

このように、違約金の額を見ると圧倒的にMugenWiFiの方が安くなっていることが分かります。

また、MugenWiFiでは25か月目以降の解約違約金が無料なのに対して、限界突破WiFiでは更新制となっているため以降も違約金が発生してしまいます。

契約期間や違約金での縛りについてはMugenWiFiの方が有利です。

おためし期間の有無

Mugen WiFi
アドバンスプラン
限界突破WiFi
初期契約解除期間30日8日

モバイルWIFIルーターでは、そのサービスが自分に本当にあっているかどうか確認してみて、速度が出なかったり合わなかったりしたときに解約違約金無料で解約できるクーリングオフのような制度があります。

それを「初期契約解除制度」といいます。

当然限界突破WiFiもMugenWiFiも初期契約解除制度が存在しますが、その期間が大きく異なります。

限界突破WiFiが8日しかないのに対して、MugenWiFiは30日間も猶予があります。

おためし期間内であれば、返却処理手数料の1,000円と返品時の送料の負担だけでキャンセルできます。

申し込み日から30日以内にMugen WiFiの問い合わせフォームから連絡をすることでキャンセルが可能となります。

※上記条件に当てはまらない場合は9,000円の違約金が発生

おためし期間が30日と長いことと、違約金が安いという点では、MugenWiFiの方が契約しやすいですね。

解約後の端末返却について

Mugen WiFi
アドバンスプラン
限界突破WiFi
端末返却25か月目以降は返却不要返却不要

限界突破WiFiは契約時に端末も一緒にプレゼントとなっているため、いつ解約しても端末の返却は不要です。

しかし、MugenWiFiについては、契約後25か月目以降となると端末がプレゼントとなるため、縛り期間内での解約については端末の返却が必要です。

エコー君
エコー君
返却する可能性も考えて、届いた時の箱や付属品は大事に取っておこう!

通信速度で比較

気になる通信速度を比較してみましょう。

<平均ダウンロード速度>

  • 限界突破WiFi 15.9Mbps
  • MugenWiFi 22.6Mbps

このように若干ではありますが、MugenWiFiの方が平均ダウンロード速度が速いという結果になりました。

<測定結果(ダウンロード速度Mbps)>

測定時間限界突破WiFiMugen WiFi
8時台13.539.7
9時台10.830.2
10時台11.128.8
11時台10.535.3
12時台1017.3
13時台15.518.2
14時台10.89.2
15時台11.121.0
16時台27.731.0
17時台28.821.7
18時台26.513.1
19時台13.111.8
20時台8.913.8
21時台24.725.0
平均速度15.922.6
最大値28.839.7
最小値8.99.2

 

使用端末で比較

Mugen WiFi
アドバンスプラン
限界突破WiFi
使用端末GlocalMe G4jetfon P6 OEM

限界突破WiFiとMugenWiFiを比較する上で最も大きな違いがこの「使用端末」による違いになります。

性能による違い以上に「GlocalMe G4」の方が通信状態が安定するという大きな特徴があります。

限界突破WiFi jetfon P6 OEM

限界突破WiFiで使用している端末は「jetfon P6」というSIMフリースマホを採用しています。

製造はMAYASYSTEM(マヤシステム)という会社が行っています。

クラウドSIMの仕組みとしてはuCloudlink社が提供しているため、uCloudlink社のライセンス商品であることが分かります。

「OEM」という名前がついているのは、限界突破WiFi専用にカスタマイズされているためです。

<仕様>

重量約162g
サイズ152.9×74.2×8.5mm
液晶サイズ5.7型
連続使用可能時間15時間
OSAndroid8.1.0 Oreo
最大通信速度下り150Mbps/上り50Mbps
対応Band1/2/3/4/5/7/8/12/13/17/18/19/20/
26/28/34/38/39/40/41
バッテリー容量3,400mAh
付属品MicroUSBケーブルType-C
ACアダプタ
同時接続台数8台
実売価格17,000円程度
管理人
管理人
androidを搭載していますが、グーグルプレイストアでのアプリインストールはできません。

それでは限界突破wifiの端末の外観を見ていきましょう。

端末表面には物理ボタンはなくすっきりしています。

もともとSIMフリースマートフォンというだけあって、受話口とインカメラがあります。

端末の背面には「限界突破wifiロゴ」と「GlocalMe inside」という記載があります。

デュアルカメラとフラッシュ、指紋センサーがあります。

jetfonの文字はOEMのためありません。

※カメラ機能は使えません。

液晶上部はノッチなしとなっています。

本体左側面にはボリュームボタンがあります。

本体右側面には電源ボタンとSIMカード挿入口があります。

クラウドSIMのため、SIMスロットは空でした。

本体底面には3.5ΦイヤフォンジャックとUSB Type-Cの電源供給口があります。

サイズ感はiPhone11/XRとほぼ同等です。

隣に置いたのはどんなときもwifi等が採用しているGlocalMe U2s端末です。

左からiPhoneXR/iPhone8/GlocalMe U2sです。

こうしてみるとiPhoneXRと限界突破wifiの端末がほぼ同じ大きさということが分かります。

操作感はiPhoneXRとほぼ同様です。ただし、フリックでの画面切り替えではなく、画面上に表示されるボタンタップで移動します。

右上の「接続設定」をタップすると

このようにSSIDをパスワード、IMEI番号が表示されます。

続いて、

これがホーム画面です。

左から順に

  1. 翻訳
  2. 地図
  3. ホーム
  4. 海外
  5. 設定

となっています。

目次に戻る▶▶

翻訳はグーグル翻訳採用

翻訳アプリはグーグル翻訳の本体インストール版でした。

翻訳アプリのみ横画面に対応しいます。

地図アプリはグーグルマップ採用

地図アプリはグーグルマップのインストール版でした。

設定画面

設定画面は

  • Wi-Fiホットスポット
  • データ容量の節約
  • ホームバーの表示設定
  • 言語
  • 省エネモード
  • 端末情報
  • その他

となっています。

Wi-Fiスポットとは

このように現在接続しているユーザーが表示されます。

Mugen WiFi(アドバンスプラン) GlocalMe G4

一方、MugenWiFiはクラウドSIMの開発元のuCloudlinkが出している「GlocalMe」というメーカーの「GlocalMe G4」という端末を採用しています。

<GlocalMe G4仕様>

端末名G4
重量188g
端末サイズ136.0×72.2×12.0mm
液晶サイズ5.0インチ
連続通信時間約12時間
下り最大150.0Mbps
上り最大50.0Mbps
対応BandLTE:1/2/3/4/5/7/8/9/12/13/17/18/19/20/
26/28/34/38/39/40/41
付属品MicroUSBケーブルType-C
SIMピン
ACアダプタ2.0A以上の高出力のACアダプタを推奨。
同時接続台数5台
実売価格20,000円程度

それではGlocalMe G4の外観を見ていきましょう。

端末表面には物理ボタンはなく、すっきりしています。

受話口はありますがカメラは見当たりません。

裏面には「CLOUD AIR-WiFi」の文字があります。

指紋センサーはありません。

全体的に角ばっている個体です。

本体側面には、電源ボタン、ボリュームボタン、SIMスロット、充電口(USB Type-C)、接触充電に使用するであろう端子があります。

一般的なandroid端末とほぼ同じです。

サイズ感はiPhone XR/11とほぼ同様です。

端末を起動するとこんな感じの画面が出ます。

OSはAndroidを採用しています。

管理人
管理人
android端末ですが、アプリの追加インストールはできませんので注意しましょう。

上にスライドするとロックを解除、メニュー画面に移ります。

メニュー画面では、使用容量/トリップアドバイザー/Googleマップ/翻訳機能を選択できます。

管理人
管理人
jetfon P6と比較すると他の端末へ給電できる機能が便利です。

各機能について詳しく見ていきます。

メニュー画面左側をタップするとデータ通信量とSSID/パスワードが表示されます。

画面左上の「トリップアドバイザー」をタップするとトリップアドバイザー公式サイトが開きます。ここからホテルの予約・航空券の手配が可能です。

マップをタップするとグーグルマップアプリが開きます。

画面右下の「翻訳」をタップすると、英語・中国語・タイ語の他22か国語に対応しています。テキスト入力だけでなく、ボイスコマンド対応してるので、端末に話しかけると自動で翻訳・音声読み上げをしてくれます。

jetfon P6 OEMとGlocalMe G4はどちらがいいか?

端末名G4jetphon P6
重量188g162g
端末サイズ136.0×72.2×12.0mm152.9×74.2×8.5mm
液晶サイズ5.0インチ5.7インチ
連続通信時間約12時間約15時間
他端末への給電不可
下り最大150.0Mbps150.0Mbps
上り最大50.0Mbps50.0Mbps
付属品MicroUSBケーブルType-C
SIMピン
MicroUSBケーブルType-C
ACアダプタ
ACアダプタ2.0A以上の高出力のACアダプタを推奨。同梱
同時接続台数5台8台
実売価格20,000円程度17000円程度

繋がりやすいという点ではG4が非常に優れています。

管理人
管理人
限界突破WiFiは通信障害が多く、設定の見直しを行わないとうまく繋がりません。

端末の共通点や特徴を整理しましょう。

それぞれの端末を比較すると、限界突破WiFiで採用しているjetfon P6の方が

  • 連続通信時間が15時間
  • 同時接続台数が8台
  • 近代的な丸みを帯びた外観

という点で優れています。

使用できるアプリについては

  • グーグルマップ
  • グーグル翻訳

が両機ともに使えますが、トリップアドバイザーサービスに関してはG4でのみ使えます。

また、G4にしかない機能としては

  • 他の端末に給電できるバッテリーチャージ機能

を搭載しています。

端末のレスポンスがいいのはGlocalMe G4です。

jetfon P6は処理の問題なのか若干動きがもっさりしている印象です。

そして、最も大きな違いは

MugenWiFiが普通に繋がるのに対して、限界突破WiFiは良く通信が途切れたり「インターネット接続なし」という通信障害が頻繁に発生するということです。

限界突破WiFiは「繋がりにくい」という多くの声が寄せられ、ソフトウェアアップデートを何度も行ってきていますが、根本的な解決には至っていません。

現状、通信を安定して行うためには、テザリング先端末のモバイルデータ通信機能をオフにする必要があります。

繋がりにくいというのは致命的です。

やはり本家GlocalMeブランドで繋がりやすいGlocalMe G4を採用しているMugenWiFiの方がおすすめできます。

エリアで比較

最後に利用可能なエリアについて比較してましょう。

限界突破WiFiとMugenWiFiでは、どちらもクラウドSIMを使っており、3キャリアの回線に対応しているため、国内で使用する分には利用可能なエリアに差はありません。

海外で利用する場合も、現地の回線を使って通信することが出来る点も変わりありません。

ただし、海外で利用する場合においては料金プランが異なります。

「限界突破WiFi」の海外利用

限界突破WiFiは107か国で使用することが出来ます。

海外で利用する場合、1日/7日/30日という期間を決めて、課金される仕組みとなっています。

国・地域名300MB/1日1GB/7日3GB/30日
中国/香港/台湾
韓国/マレーシア等
380円980円1,880円
シンガポール380円1,480円2,980円
カンボジア680円1,480円2,980円
アラブ首長国連邦/モルディブ780円1,780円4,480円

抜粋するとこのような料金形態になっています。

MugenWiFiと比べると、1日に使用できるパケット上限は決して多くないですが、国によっては安く使うことが出来ます。

しかし、高額になってしまう国も多く、アジア以外の国で使う場合にはMugenWiFiの方がお得に使えます。

「Mugen WiFi」の海外利用

MugenWiFiでは134か国と、限界突破WiFiにくらべてさらに多くの国で使用できます。

料金形態については、シンプルに2パターンしかなく、限界突破WiFiに比べて分かりやすい印象です。

対象国エリア料金1日あたりのギガ数
アジア・ヨーロッパ・アメリカ
・オーストラリア
エリア11,200円1GB
中東・アフリカ・南米エリア21,600円1GB

上限も1GBと海外利用にしてはたくさんパケットを使うことが出来ます。

単価としては限界突破WiFiの方が安いですが、海外で使うパケットとしてはこのくらいが妥当でしょう。

限界突破WiFiと違い、アジア以外の国で使用しても高額となる心配もありません。

契約するならMugenWiFiにしよう

画像引用:MUGEN Wi-Fi 

今回は、液晶付き高性能端末を採用している「限界突破WiFi」と「MugenWiFi」の2つを比較してきました。

比較内容のまとめ結果はこのようになりました。

Mugen WiFi限界突破WiFi
データ通信量
料金
 契約期間 ◎× 
 使用端末 ◎× 
 エリア(海外利用) ◎△ 
 解説記事 MugenWiFiについて解説限界突破WiFiについて解説 
 公式サイトMUGEN Wi-Fi 限界突破WiFi 

無制限のポケットWIFIサービスを使うのであれば、繋がりやすいMugenWiFiがおすすめです。

MugenWiFiの方が月額3,880円/初期費用3,000円と少々高くなってしまいますが、繋がりにくい限界突破WiFiを選ぶよりは賢い選択と言えるでしょう。

管理人
管理人
ストレスなく繋がるサービスを選びましょう!

【公式】MUGEN Wi-Fi 

\申し込みはコチラをタップ!/
MUGEN Wi-Fi

 

レンタルワイファイナビ公式LINEアカウントを友達追加して
最新のWiFi情報を手に入れよう!

友だち追加

当サイトから申込の方限定でインタビューをさせていただける方を募集しています!

コチラからの質問にお答えいただいて条件を満たした方にはもれなくAmazonギフトカード2000円分をプレゼント!

※当サイトのリンクからの申込に限ります。

詳細は問い合わせフォームから連絡をください!

問い合わせフォーム

RELATED POST