MENU

レンタルワイファイナビ公式LINEアカウントを友達追加して最新のWiFi情報を手に入れよう!

友だち追加

GreenEchoes Studio代表
この記事を書いた人:カワムーラ
新潟市にあるWEBサイト運営事業の代表でWiFiルーター等通信関連の専門家です。月々の通信費節約のコツをユーザー目線で書いています。
\ Follow me /
学習コンテンツ

③LTE=4Gは2種類!FDD-LTEとTD-LTEの違いを知ろう

モバイルWi-Fiにおけるデータ通信で、最も使用される頻度が高い回線は「LTE」です。

LTEとはLong Term Evolutionの頭文字をとった略称で

「長期的進化」と訳されます。

そのLTEには「FDD-LTE」と「TD-LTE」の2種類があります。

WiFiルーターを選ぶ上で大事な目安になってきます。

…結構専門的なことを書いているので、WiMAXとポケットWIFIのどちらがいいのかをご覧になりたい方はコチラから読み飛ばしてください。

管理人お勧めのwifiルーター

本記事では同じLTEなのにどこが違うのか解説していきます。

学習コンテンツの目次は下記を参照ください。

←前の記事
WiFiって何だっけ?優しく解説

次の記事→
レンタルWiFiルーターを契約前にチェックしたい項目

FDD-LTE とTD-LTEの特徴

よくスマートフォンの左上の電波マークのわきに「LTE」や「4G」「4GLTE」といった表記があると思います。

同じLTEなのにいろいろな表記があるのは「種類が違うため」です。

LTEや4G/5Gはモバイル通信規格のこと

LTEや4Gとは、通信に使用するモバイル通信規格です。

現在、「4G」が主流ですが、最近の世間の流れを見ていると「5G」が注目されてきていますね。

このGとは「Generation(世代)」のことを指し、その前の数字は何世代目かということを表しています。

当然、1G/2G/3Gも存在します。

数字が大きくなるにつれて、速度が速くなります。

これまでの歴史を振り返ると、世代が進むにつれて通信規格が変化しており、無線での高速が可能となってきました。

LTEとは

LTE(Long Term Evolution)

レンタルワイファイナビからのお知らせ

<光回線のメリット>

  1. 速度が速い
  2. 応答速度が速い
  3. パケット上限なし
  4. 常にインターネット回線につながっている

オンラインゲームをする方やスマート家電が多くある家庭は光回線の方がいい場合があります。

新規で光回線を申し込む方や最も安いプロバイダを探したい方は「光コラボ比較ナビ」も覗いてみてください◎

\公式サイトをCHECK!/
光コラボ比較ナビ

上記に当てはまらない方にはやはりモバイルWIFIルーターがおすすめです。

LTEを説明するには少し通信の歴史を説明する必要があります。

以前、3Gからその当時の最新のモバイル通信規格4Gに変化するまで期間がありました。

その期間のつなぎとなる通信規格として「3.9G」と呼ばれるものが存在しました。

総務省データ(移動通信システム用周波数の割当て状況)

参考:平成30年度 携帯電話・全国BWAに係る電波の利用状況-総務省

それを「長期的進化=Long Term Evolution」の頭文字をとってLTEと呼んでしました。

しかし、時代が進むにつれて、国際的に4GをLTEを呼称するようになりました。

現在では、「4G=LTE」という認識になっています。

このLTEも発展方式の違いによって「FDD-LTE」と「TD-LTE」の2種類があります。

FDD-LTEとは

FDD-LTE(Frequency Division Duplex Long Term Evolution)

元々は電話通信から発展したLTEです。

携帯キャリアのもつLTE回線がこれにあたります。

キャリアのFDD-LTE
  • SoftBank 4G LTE
  • au 4G LTE
  • ドコモXi

一般的にLTEというとコチラのFDD-LTE方式を指します。

TD-LTEとは

TD-LTE(Time Division Long Term Evolution)

元々は無線通信から発展したLTEです。

元祖TD-LTEはWiMAXです。

また、PHSの通信方法から発展したXGP方式がTD-LTEに適合する形でAXGP方式が作られました。

こちらはソフトバンクが採用してます。

元もとはソフトバンクが子会社化したウィルコムが開発した通信方式です。

代表的なTD-LTE
  • SoftBank 4G(ポケットWIFI)
  • au(WiMAX/WiMAX2+)

FDD-LTE とTD-LTEの違い

現在でも2種類のLTEは両方使用されています。

それには通信方法による大きな違いが存在します。

FDD-LTE はアップロードとダウンロードが別々の回線

キャリアのFDD-LTE
  • SoftBank 4G LTE
  • au 4G LTE
  • ドコモXi

FDD-LTE方式を採用している携帯キャリアの通信方式はデータをインターネット上にアップロード(上り)する回線と、データを自分の通信端末にダウンロードする(下り)が別々となっています。

電話のやりとりを考えると、相互通行となっていることが分かると思います。

音声通信では、お互いのやり取りが混線してしまうと会話にならないため、このように「話す」「聞く」を別々の回線に分けています。

TD-LTE はアップロードとダウンロードが同じ回線

一方で、無線通信から発展したTD-LTEはダウンロードが主体のため、電話のようにデータのやり取りは同時である必要がありません。

そのためTD-LTE方式では、アップロードもダウンロードも同じ回線を用いて行っています。

このメリットは、仮にダウンロードが多い場合、アップロードに割いている回線の余剰分もダウンロードに回せることで、通信の効率化が出来ることにあります。

FDD-LTE とTD-LTEはどちらがいいの?

これは一概にどちらが良いとは言えません。

それぞれのメリットがあります。

FDD-LTE のメリット・デメリット

電話をする上で最も重要なのは「会話が成立する」ことです。

これを一番に考えて、大手携帯キャリア全社はFDD-LTE方式を採用しています。

TD-LTE方式に比べると、データ通信量を配分することができないデメリットがありますが、上りと下りが衝突することなく効率よくデータ通信を行えるというメリットもあります。

また、FDD-LTE方式は建物の中でも繋がりやすいプラチナバンド(700-900MHz)を採用しているため、どこでも通信がしやすいというメリットもあります。

FDD-LTE のメリット・デメリット

メリット

  • プラチナバンド(700-900MHz)採用で繋がりやすい
  • 上りと下りが衝突することなく効率よくデータ通信を行える

デメリット

  • データ通信量を配分することができないため速度低下が起こりやすい

TD-LTE のメリット・デメリット

データ通信から発展したTD-LTE方式のメリットはデータ通信量の配分ができるということでした。

一方で通信に使う周波数帯が高い(2.5GHz帯)ということがネックとなり、遮蔽物に弱く、特に建物の中では繋がりにくいというデメリットが存在します。

TD-LTE のメリット・デメリット

メリット

  • データ通信量を配分することができるため高速通信が可能

デメリット

  • 2.5GHz帯を使用していることで遮蔽物に弱く建物の中で繋がりにくい

キャリア各社のLTEの採用状況

LTEには2種類の方式があることが分かりました。

ドコモ・au・ソフトバンクでは下記のような対応をしています。

ドコモFDD-LTEのみ
auFDD-LTE/TD-LTE
ソフトバンクFDD-LTE/TD-LTE

auとソフトバンクはFDD-LTE/TD-LTEを併用しています。

実はFDD-LTEはカバーエリアが非常に広いのですが、通信が集中しやすく通信障害が発生しやすいという弱点を持っています。

その弱点をカバーするという意味合いでTD-LTE方式も併用しています。

なかでもソフトバンクは「SoftBank 4G LTE」「SoftBank 4G」の2種類があります。

SoftBank 4G LTEFDD-LTE
SoftBank 4GTD-LTEと互換性のあるAXGP回線

実はソフトバンクのスマートフォンの左上をみると、このどちらかになっています。

気がつかなかった人も多いのではないでしょうか。

WiMAX・ポケットWIFIはどのLTE方式?

最後になりましたが、レンタルワイファイナビとしてはここからが本番です(笑)

管理人の私がどうして当サイトでWiMAXを扱っていないかという答えがここです。

WiMAXはUQモバイルが提供しているTD-LTE方式を使用したモバイルルーターです。

一方、ポケットWIFIはソフトバンクが提供しているFDD-LTE方式を使用したモバイルルーターです。

名称LTE方式通信帯域通信速度繋がりやすさ
WiMAXTD-LTE2.5GHz帯
ポケットWIFIFDD-LTE700-900MHz帯

※オプション料金を払うと「ハイスピードプラスエリアモード(HS+A)」といってau 4G LTE回線(FDD-LTE方式)も利用可能。しかし、月間7GBの制限があり、1度でも使うと月間1000円程度のオプション料金が発生します。

WiMAXはTD-LTE方式でハイスピードプラスエリアモードでFDD-LTE方式利用可

WiMAXはTD-LTE方式を採用しているため、データ通信量の配分ができることでより高速通信が可能になっています。

ここがWiMAXの一番のメリットです。

しかし、2.5GHz帯を使用していることで、建物の中では繋がりにくいというデメリットが存在します。

以前は、建物の中でも窓際にwifiルーターを置けば繋がりやすかったですが…最近の建物は複層ガラスという2重~4重の超高気密を実現できるものに変わってきているため、電波を通しにくくなっています。

実際に窓メーカー大手のYKKAPのホームページでもしっかりと明記されてます。

YKKAP|◇ Low-E複層ガラスを設置したことによって携帯電話の受信に障害が生じることはありますか?

WiMAXのメリット・デメリット

メリット

  • 通信速度が速い

デメリット

  • 建物の中で繋がりにくい。
  • 繋がりやすいプラチナバンドのau LTE回線を使うにはオプション料金がかかって、且つ月間7GBの通信制限がかかる。

私がWiMAXをお勧めしないのは

  • 建物の中で繋がりにくい。
  • 繋がりやすいプラチナバンドのau LTE回線を使うにはオプション料金がかかって、且つ月間7GBの通信制限がかかる。

というデメリットが存在するためです。

屋外で通信をするのであれば問題ありませんが…大体青空の下でスマホやパソコンはいじらないですよね?

屋内で使用できなければ意味がありません。

私はWiMAXはおすすめしません。

ポケットWIFIはFDD-LTE方式で建物の中で繋がりやすい

ポケットWIFIはFDD-LTE方式を採用しているため、WiMAXのような高速通信は行えません。

それでも実測値では~60Mbps程度の速度は出ますし、使用するのには十分すぎるほどです。

「WiMAXに比べると」速度が遅いというだけです。

特に優れている点では、建物の中で繋がりやすいということです。

モバイルルーターを使う機会は地下鉄などでの電車移動、バスでの通勤通学、カフェや自宅などの何かに囲まれた中です。

そういう場所でこそ通信できるものが必要です。

ポケットWIFIのメリット・デメリット

メリット

  • 建物の中で繋がりやすい

デメリット

  • WiMAXに比べて速度が遅い

まとめ―使うならパケット無制限のポケットWIFI/クラウドSIMwifiルーター

以上、長くなりましたがFDD-LTEとTD-LTEの違いから実際のWiMAX・ポケットWIFIのメリットとデメリットについて解説してきました。

やはり使うならポケットWIFIがおすすめです。

また、ポケットWIFI以外にもドコモ・au・ソフトバンク回線の中から最も繋がりやすいものを選んで通信できる「クラウドSIM」という次世代通信方式を採用したwifiルーターもあります。

クラウドSIMとは
【仕組みを解説】クラウドSIMとは?uCloudlink社と販売代理店の関係も解説 画像引用:uCloudlink 最近になって「クラウドSIM」という新しい技術が話題です。 「どんなときもwifi」...

まだまだ出始めですが、最近では多くのパケット無制限wifiルーターが登場してきています。

あなたにピッタリのwifiルーターを選んでくださいね!

パケット無制限ポケットWiFiモバイルルーターを比較!総費用・月額料金おすすめランキング(2020年2月版)パケット無制限WiFiルーターをランキング形式で掲載しています。2月時点で最安なのはhi-ho GoGo Wi-Fiです。パケット無制限WiFiルーターではどんなときもWiFiが最古参ですが、現時点ではお得なサービスとは言えません。縛り期間なしであればフジワイファイが最安です。パケット無制限WiFiルーターのメリットは自宅でも外出先でもギガを気にすることなく動画などのコンテンツを楽しめることです。 ...

←前の記事
WiFiって何だっけ?優しく解説

次の記事→
レンタルWiFiルーターを契約前にチェックしたい項目

レンタルワイファイナビ公式LINEアカウントを友達追加して
最新のWiFi情報を手に入れよう!

友だち追加

当サイトから申込の方限定でインタビューをさせていただける方を募集しています!

コチラからの質問にお答えいただいて条件を満たした方にはもれなくAmazonギフトカード2000円分をプレゼント!

※当サイトのリンクからの申込に限ります。

詳細は問い合わせフォームから連絡をください!

問い合わせフォーム

RELATED POST